カテゴリー別アーカイブ: film

◆ 飾る.

Leica X2

Leica X2

時々行くレストランに、 写真が飾ってあります。

適当な写真が飾られているところは 多いのですが、 ここの写真は フィルムで撮られ きちんとプリントされていそうです。 (近くでじっくりは見てないのですが)

フィルムで撮った写真を きちんとプリントしたモノは 存在感がありますね。

フィルム環境は厳しくなっていますが、 それゆえ存在意義も増しているのではないでしょうか。

 

◆ いつの輝き.

Nikon New FM2, Carl Zeiss Makro-Planar T* 100mm F2.0 ZF.2,  GC 400

Nikon New FM2, Carl Zeiss Makro-Planar T* 100mm F2.0 ZF.2, Kodak GC 400

過去と 今と これから を繋ぐ。

輝いて見えるのは 過去か それとも。

/////////////////////////////////////////————————————/////////////////////////////////////////

少し寒さが やわらいできましたね。 そのかわり 花粉が飛んできました。

子供の頃 近くに黄色い煙の出る木がありました。 石をなげて 木にあたると 黄色い煙がでるのです。 おもしろくて 遊んでいましたが、 眼がかゆくなる元凶だとは その時は思いもしませんでした。

◆ 幸せなフィルム.

Nikon New FM2, Carl-Zeiss Planar 50mm f1.4 ZF, Kodak PORTRA 400

Nikon New FM2, Carl-Zeiss Planar  T* 50mm f1.4 ZF, Kodak PORTRA 400

こんな 気持ちの良い日に、 図書館で ボーとしてみる。

//////////////////////////////////////———————————–//////////////////////////////////////

ボーと できればいいのですが、 昔から休みの日は 何かためになることをやろうとしてきたため、 今でも じっとしていると落ち着かない事が多いです。 性格もあるのかもしれませんが、 いつも何かに急かされているような感じです。 ゆったりしている方が 体にも良いのでしょうけれど。

ところで クルマの話ですが、 これまでは三菱には全く興味がなかったのですが よく見てみると プラグインハイブリッドのクルマがあるではないですか。 燃費はなんと67km/lとなっています。 そして停電時には バッテリーから 住宅1日分の電気が供給できるとあります。 すると 一度の給油45lで走行距離3000km以上となります。

これなら ディーゼルよりこちらの方が良いと思ったのですが、 この燃費にはウラがあり こう単純にはいかないとのことです。 実際には燃費は18km/l プラスαみたいです。また オフロード性能も パジェロのほうが数倍上のようです。 クルマは 実際に乗ったり 聞いたりしないと わかりませんね。

試乗した感じでは、 パジェロはしっかりしており 良いクルマ感があります。 やさしい乗り味で 昔のフランス車のようです。 これまで乗って来たクルマの中では、 PEUGEOT 406 BREAKの乗り味がとても好きなので ぼくの好みにあっています。 ファブリックのイスもしっくりきますし、 走り出しの加速もいいです。

また話は変わりますが、 PORTRAの写真は 幸せそうな世界を写しますね。

◆ 見えない向こう.

Nikon New FM2, Carl-Zeiss Planar 50mm f1.4 ZF, Kodak PORTRA 400

Nikon New FM2, Carl-Zeiss Planar T*  50mm f1.4 ZF, Kodak PORTRA 400

光り降り注ぐ トンネルの向こうには 楽しい好奇心がある。

//////////////////////////////////////———————————–/////////////////////////////////////

少し前に 4WDのクルマを探しており、  VOLVO V40 (4WD)に傾いていましたが、 現在のクルマは車検も最近受けたので、もう少し乗ろうかと思っていました。

しかし、 先日の大雪で 午前中は通勤できませんでした。 これから 異常気象で 雪のみならず 浸水なども多くなると思われますので、 多少でもそのような状況で使用できるクルマが良いと 思ってきました。

V40くらいでは歯がたたないので、 もっと最低地上高が高く オフロード性能の高いクルマを。

価格以外で条件に合うのは、 Range Rover, M・G class,  Jeep, ランドクルーザーやプラド、 mazda CX-5, パジェロ、エクストレイルなどでしょうか。

非常時は ガソリン不足になる可能性があるのと、 オフロードカーに相性のよいディーゼルが良いと思います。 ガソリンが豊富な アメリカや中東ではランドクルーザーなどが良さそうですが。 日本での使用では、 価格・サイズと性能を考慮すると パジェロが一番バランスがとれていそうです。 三菱は 少し抵抗がありますが、 人も変わっているでしょうし そろそろいいのでは ないかと思います。 美しい形や キビキビした走りは他のクルマに任せ、 今回の買い替えは カッコより ディーゼル・オフロード性能をとろうかと思います。

悲しい事に そんな時代に 突入しています。

◆ 元素.

Nikon New FM2, Kodak GC 400

Nikon New FM2,  Carl Zeiss Makro-Planar T* 100mm f2 ZF.2, Kodak GC 400

朽ち果てた後、 次への構成成分となるため リセットする。

/////////////////////////////////////—————————————–///////////////////////////////////////

久しぶりに フィルムを使いました。 久しぶりすぎて フィルムを巻き上げる時、 裏蓋のボタンを押すのを忘れて フィルムを引きちぎってしまいました。

Nikon New FM2は、 巻き上げや シャッターがF3より やさしくて心地いいですね。 Zeiss ZFレンズはNew FM2に合わせてデザインされたかのように とてもマッチしています。

以前は主に CONTAXなどを使っていましたが、 修理も難しくなってきた今となっては、 機械式が魅力的です。 現在では NikonでZeissも使えますし。

今は フィルムカメラは値段も下がっており 楽しむには良いです。 しかも良いモノ感があり、 より高価なデジカメ買った時より 満足感があります。

フィルムは 色々手間がかかりますが、 それが楽しめるようになってきました。 仕事ではないので 急ぐ必要はないですから。

改めて気づきましたが Fujifilm CDに焼いてもらうと 横が結構トリミングされるので、 自分で取り込むことにしました。

Polaroidはもうないですが、 使えるうちに フィルムも使っていきたいです。

SONY α7R, Carl Zeiss Makro-Planar 60mm f2.8 C

SONY α7R, Carl Zeiss Makro-Planar 60mm f2.8 C