作成者別アーカイブ: blueskyblur

◆ α6500でスナップ.

SONY α6500, SIGMA 30mm F2.8 DN

α6500にSIGMA 30mm F2.8 DNをつけて撮って見ました。 とてもバランスが良く これまでで一番スナップには使いやすかったです。 30mm(実質45mm)の画角も 室内・室外とも無理せず撮れます。

日の当たる屋外では モニター・ファインダーとも見えにくい事がありますが、 トータル重量が軽く・ボディーサイズ・ファインダーの位置関係で、 ファインダーを覗き 左手で日を遮りながらボディーも支持する事ができるため EVFのデメリットをカバーできます。

高感度画質も かなり良く、 手ブレ防止も強力なので 大口径でなくても何でも撮れる感じです。

唯一、 SIGMAのこのレンズは AFが僕の感覚的に一瞬遅いです。 実際には0.2sくらいなのかもしれませんが。 SONY純正の方が AFが早いです。  数年前に買ったSONY30mmF3.5MACROも 外で試してみようと思います。

 

◆ 気楽なカメラ.

SONY α6500, SIGMA 30mm F2.8 DN

小さく気軽に持ち歩けるカメラ。 そして、 操作性・画質も満足できるものを探して ヨドに行きました。

CANON PowerShot G1X Mark3がいいのではと 触って見ました。 薄いし 小さいので、 小さいバックにも入りますし 携帯性は良好で、 ファインダーの画質も良かったです。 当初の目的には もっとも適合しているカメラでした。

でも、 なんだかコンバクトカメラ特有の 頼りなさ、 レンズが飛び出した時のフォルムなど しっくりこない部分もありました。

結局、 α6500を持ち帰ることになりました。 構えた感じがしっくりきますし、 デザインも好きです。 発売されてから1年ほど経っていますが、 あまり値下がりしていないと思っていたのですが、 ちょうど店舗の期間限定で ヨドのネットより安くなっていました。

レンズは なるべくコンパクトにしたいので SIGMA 30mm F2.8 DNにしました。

このレンズは 価格も1万円台ですし、 写りもしっかりしています。 ラフに 扱えるのがいいです。 α6000シリーズを主なターゲットにして作られたのか、 ボディーデザインと とてもマッチしています。 ストラップは ARTISAN & ARTISTのハンドストラップをつけました。

ただ 想定していたより大きいので、 実際気軽に持ち出す気になるか 自分のことながら少し不安です。

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

◆ コンパクト.

SONY RX100 M5

カメラ熱は 冷め気味のため、 小さく邪魔にならないモノを使うことが多いのですが、 GRも新製品は出ず、 RX100 M5ではセンサーが小さいため満足いかないこともあります。

そんな時 CANON PowerShot G1X Mark3が発売されたのを目にしました。 小さくAPS-Cセンサーです。 ちよっと気になっています。

 

◆ Blue Note Tokyo.

GR

話の中で、 以前お金を貯めては Blue Noteに著名なギタリストなどを観に行き その時の凄さや 感動は今でも強く印象に残っていると聞きました。

映像では ちょくちょく観ることもあり 雰囲気の良いところだと思っており 時間も取れたので行ってきました。

出演者は 一流のミュージシャンなので 演奏が素晴らしいのはもちろんですが、 音響もよく ゆったり座って観られるのも良いです。 今回は 時間の節約も兼ね ディナーもとりましたが、 Blue Noteでは 軽いおつまみと アルコールで、 他で食事をする方がスマートかもしれません。

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

◆ Kochia.

X-Pro2 XF 35mm F2

コキアという植物です。 なんともフワフワで 実物を眼で見ていても 絵を見ているようで不思議な感じです。

これだけ数が多いと 宇宙からの生物に、 地球が侵略されているようで不気味さもあります。 これまで あまり親しみのない植物だからでしょうね。

 

◆ Typhoon 2017.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

台風が関東を直撃しています。 普通よりは風が強いですが、 それほどでもありません。 横浜にいた時の 通常の風の強さくらいです。

子供の頃、 広島での台風は 家が倒れるのではないかというくらい風が強かったです。 関東は西日本を通過してくるため 勢力が弱まっているためでしょうか。

風より 雨の被害の方が強そうです。 人はなんでもできるように錯覚しがちですが、 ちょっとした自然現象も どうすることもできませんね。

 

◆ 紅葉 2017.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

日光に行ってきました。 赤沼から湿原を歩く予定でしたが、 到着が8時前になったので すでに駐車場もいっぱいでした。 予定を変更し 湯ノ湖に向かいました。 この辺りは まだ紅葉しきっていませんでしたが、 湖周囲を歩きました。 天気もよく 気温もちょうど良かったため いい散歩になりました。

歩くとお腹も減るので 湖沿いにある レトロな食堂で ちたけそばを食べました。 ここは 景色がよく 時々きます。 紅葉の時期もいいですが、 冬の人のいない湯ノ湖も好きです。

これで帰るのも もったいないので、 20年以上前行った覚えのある もっと上の湖に行くことにしました。

金精峠を登って行きます。 こちらの方が 紅葉が綺麗でした。 目的の湖は 人がいっぱいだったので スルーして 群馬にそのまま抜けることにしました。 そこは ロマンティック街道というらしく 道沿いには野菜や果物を売るお店が多くありました。 ドライブには とても良かったです。

それでも まだ11時くらいなので 渋川・伊香保インターを降りる 下りの車の大渋滞を反対車線に見ながら 高崎で降りました。 ローカルな スズラン百貨店で、 群馬ではメジャーなボンジョールノで パスタを食べ、 なぜか アウターを買い 帰路につきました。

 

◆ Autumn leaves 2017.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

急に寒くなって来て 紅葉もすすみますね。 今週末の連休は 見頃になりそうです。

特に連休となると 混雑が凄そうです。 朝早く行くしかありませんが、 起きられるかです。

 

◆ 終わらない 夏.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

夏は忙しい時期で 次第に落ち着いてくる頃ですが、 状況の変化で まだ夏が続いている感じです。

夏を乗り切ればという思いで 夏をがんばっているのですが、 これが続くとなると どうなのか。 こなせないわけでは ありませんが、 いつも落ち着くと かなり精神的に負担がかかっていたのだなと感じます。 ディプレッション気味になるのか 物欲も減り その分貯金も多少できる気はします。

当面は、 流れに乗って 様子を見ます。

 

◆ Fes 2017.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

夏が終わり、 夏の音楽フェスがCSなどで放送されてきます。 それぞれのフェスに特徴があり 楽しそうですが、 暑さと 人の密集と 長い時間と 見たいアーティストの数など考えると、 快適な部屋で 録画を見るのがいいです。 そして、 出かけるなら 人の少ない 綺麗な自然がいい このごろです。