投稿者「blueskyblur」のアーカイブ

◆ Out door.

Leica M Monochrom (CCD), APO-SUMMICRON 50mm

休みの日は、 屋内では感染のリスクが上がるので 屋外に行く方が安心ですね。 どうしても食事は 屋内になることが多いですが。

ウイルスの感染量が多いと 重症化しやすいとテレビで言っていたので、 少量の感染では症状が出ないか 軽くすみ免疫もできるので良いのではないかと思ったのですが、 意図的にするのは不可能ですね。 

しかし、 みんなが気をつけることで 感染を止めることはできなくても 感染量が少なければ重症化するのを防ぐことはできるような気がします。

◆ Voightlander Vintage Line VM.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

COSINAのレンズで、 ZF Classic Lineや NOKTON, ULTRON Vintage Lineが製造中止になってきています。 どれも 作りがとても良いレンズです。 それに LEICAレンズに比べ とても低価格です。 後継も今のところ出ていないようです。   コスト的に これからはこういう作りの良い製品はできなくなるのかもしれません。

なくなるとなると 欲しくなります。 Classic Lineはある程度持っていますが、 Vintage Lineは発売当時より気になってはいましたが、 買わずじまいでした。 特にシルバーは NOKTON 50mm, ULTRON 35mm共に真鍮製です。 

NOKTON Vintage Line 75mmは新しく発売されていますが、 外装はコストダウンされたように見えます。

今は 定価より安く新品が手に入りますし、 程度の良い中古では さらに安いため 真鍮製の50mmと35mmを買っておくことにしました。 35mmはシルバーのレンズフードが別売りであり レンズフードは後から手に入りにくいのでそれもいっしょに。

手持ちのLEICAや α7RⅡとZ6にも使えるのでMマウントは重宝します。 Zマウントアダプターでヘリコイド付きも 出たようなのでこれも買いました。

実際シルバーのレンズを見ると 結構ピカピカしています。 使っているとピカリも落ち着き 真鍮が出て味が出てくるのでしょうか。 塗装はしっかりしていそうなので 僕の使い方では あまり変わらなそうです。

外装はレトロですが、 光学は最新というところも良いのではないでしょうか。 しかし、 このレンズは モノとしても良さ・質感が重要で はっきり言って写りはどうでも構いません。

天気が悪く まだ外で撮ってないので、 天気が良い日に早く撮ってみたいですね。

Nikon Z6, ZEISS Milvus 1.4/35

◆ 登り窯.

Nikon Z6, ZEISS Milvus 1.4/35

益子でも 90%が電気釜を使用しているそうです。 電気釜と薪窯では、 同じ釉薬で焼いても 別物と言ってイイほど違いが出ます。 

薪(ここでは赤松とのことです)で焼くと 灰と松ヤニが混ざり高温となりガラス化したり 複雑な深みのある色になるようです。

Nikon Z6, ZEISS Milvus 1.4/35

窯の壁も キラキラとガラス化しています。 

今の時代 美術品以外、 手作りで 手頃な価格で手に入れられる陶器は、 貴重だと思います。 日常に使えるモノであり、 生活が豊かになります。

◆ 陶芸参考館.

Nikon Z6, ZEISS Milvus 1.4/35

陶芸家の朝ドラの影響もあり 陶芸が話題になっている?とういうわけではありませんが、 益子に 行ってきました。

飛び石連休で 陶器市もやっていたので人出は多かったですが、 陶芸参考館は 場所が分かりにくいためか 入場料がかかるためか ほぼ人がいませんでした。 

Nikon Z6, ZEISS Milvus 1.4/35

濱田庄司のような伝統的な作品から 新しい斬新なモノまでありました。 少し物足りない感じはしましたが、 詳しい人なら十分なのかもしれません。 ちなみに 企画展では写真撮影可でした。

Nikon Z6, ZEISS Milvus 1.4/35

◆ ZEISS Distagon T* 2/25.

Nikon Df, ZEISS Distagon T* 2/25 ZF.2

ZEISS Classicレンズが 徐々に製造中止となっていますが、 Classicレンズが好みなので程度の良いモノを手に入れておこうということで このレンズを買いました。

ZEISS ZFは、28 50 100mmを元々持っているので、 それ以外の フォルム・レンズフードがカッコイイ 25mmにしました。

NIKON Dfにつけるのが いちばんカッコイイです。 Dfは古い機種ですが画の色味などは Z6よりスッキリしてイイかもしれません。 

しかし、 久々に一眼レフを使うと シャッター音が大きいことに気づかされます。 食事など お店の中で撮るには 巨大なMilvus 1.4/35をつけていたとしても ミラーレスの方が撮りやすいですね。

Nikon Df, ZEISS Distagon T* 2/25 ZF.2

◆ 出荷減.

Nikon Z6, ZEISS Milvus 1.4/35

デジカメの売り上げが 前年比20%減、 10年まえと比べると90%減とのことです。 確かに 僕もこの2−3年は デジカメの購入数はかなり減っています。 (まあこれは ただ単に僕の興味が薄れていたということもあります。)

売り上げ減少は、 デジカメを購入する多くの人は 写真が趣味ではなく、 日常の記録として撮る人で、 その人たちがスマホに移行したためでしょうか。 もともとのカメラ・写真マニアは それほど変わらず購入していると思います。 景気低迷で 中古が購入されているため、 新製品の出荷が減少している可能性もあるかもしれません。

カメラの生産数が減ると 価格が上がってくるか、 製品の質が落ちるかですね。 逆に趣味性の高いLEICAは これから好調なのではないでしょうか。

◆ 閉園.

Nikon Z6, ZEISS Milvus 1.4/35

としまえんが閉園するようで、 昔からの遊園地がなくなっていくのは寂しいです。

かと言って 実際によく行くかと言われると 行かないので しかたないですね。

◆ 人混み.

Nikon Z6, ZEISS Milvus 1.4/35

新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐことは すでにできないと思いますが、 休日は 気分的に人混みをなるべく避けています。

疲れ・ストレスを避け、 のどを乾燥させないことが良いかと思います。

◆ ZEISS Milvus 1.4/35 ZOO.

Nikon Z6, ZEISS Milvus 1.4/35

なるべく 開放F1.4で撮りました。 かなりピントを 外していました。 中景でも ピントが薄いためはずしやすかったです。 EVFのピーキングでは ジャスピンは難しく 拡大し合わせる必要があります。

レンズ性能が良いせいか 叙情的な オッと思わせるような画ではないように感じました。 もう少し使ってみないとわからないと思いますが、 もちろん 悪くはありません。 

開放より 絞って撮った画の方が レンズの魅力を活かせるのかもしれません。 この大きなレンズを見ていると 改めてライカレンズの小ささに驚かされます。 性能的にはライカMレンズが勝るところも多いですが、 近接撮影ができないところをどう考えるかですね。

ZEISS MilvusレンズよりZEISS Classicレンズの方が 性能・外観なども好みかもしれないです。 しかし、 ZEISS Classicレンズは製造中止になっているものが多いので 今のうちに程度の良いモノを購入しておこうかと考えています。 外装も全てメタルで 品質的にもいいと感じます。 

Nikon Z6, ZEISS Milvus 1.4/35
Nikon Z6, ZEISS Milvus 1.4/35