作成者別アーカイブ: blueskyblur

◆ 紅葉 2017.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

日光に行ってきました。 赤沼から湿原を歩く予定でしたが、 到着が8時前になったので すでに駐車場もいっぱいでした。 予定を変更し 湯ノ湖に向かいました。 この辺りは まだ紅葉しきっていませんでしたが、 湖周囲を歩きました。 天気もよく 気温もちょうど良かったため いい散歩になりました。

歩くとお腹も減るので 湖沿いにある レトロな食堂で ちたけそばを食べました。 ここは 景色がよく 時々きます。 紅葉の時期もいいですが、 冬の人のいない湯ノ湖も好きです。

これで帰るのも もったいないので、 20年以上前行った覚えのある もっと上の湖に行くことにしました。

金精峠を登って行きます。 こちらの方が 紅葉が綺麗でした。 目的の湖は 人がいっぱいだったので スルーして 群馬にそのまま抜けることにしました。 そこは ロマンティック街道というらしく 道沿いには野菜や果物を売るお店が多くありました。 ドライブには とても良かったです。

それでも まだ11時くらいなので 渋川・伊香保インターを降りる 下りの車の大渋滞を反対車線に見ながら 高崎で降りました。 ローカルな スズラン百貨店で、 群馬ではメジャーなボンジョールノで パスタを食べ、 なぜか アウターを買い 帰路につきました。

 

◆ Autumn leaves 2017.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

急に寒くなって来て 紅葉もすすみますね。 今週末の連休は 見頃になりそうです。

特に連休となると 混雑が凄そうです。 朝早く行くしかありませんが、 起きられるかです。

 

◆ 終わらない 夏.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

夏は忙しい時期で 次第に落ち着いてくる頃ですが、 状況の変化で まだ夏が続いている感じです。

夏を乗り切ればという思いで 夏をがんばっているのですが、 これが続くとなると どうなのか。 こなせないわけでは ありませんが、 いつも落ち着くと かなり精神的に負担がかかっていたのだなと感じます。 ディプレッション気味になるのか 物欲も減り その分貯金も多少できる気はします。

当面は、 流れに乗って 様子を見ます。

 

◆ Fes 2017.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

夏が終わり、 夏の音楽フェスがCSなどで放送されてきます。 それぞれのフェスに特徴があり 楽しそうですが、 暑さと 人の密集と 長い時間と 見たいアーティストの数など考えると、 快適な部屋で 録画を見るのがいいです。 そして、 出かけるなら 人の少ない 綺麗な自然がいい このごろです。

 

◆ Drive 2017.09.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

紅葉もいいですが、 その前のこの時期の山も いいですね。 紅葉は 気分も高揚しますが、 その前の緑の山は 夏の緑も少し落ち着き 気候もよく 気分が落ち着きます。 人が少なめなのも いいです。

 

◆ ガラス窓.

GR

久しぶりに晴れたので 慣らしも兼ねてドライブして来ました。 久々に暑かったせいか クルマの中が特に暑く感じました。

怒涛のパワー・燃費の良さなど 各社クルマの性能を争っていますが、 自動車のウインドウガラスの性能を進化させてもらいたいです。

断熱性・紫外線カットを強力にすると かなり快適なドライブになります。 暑さ・寒さは エアコンで時間がたてば良いですが、 紫外線カットは難しいです。 前3面はサンシェードをつけると違反になりますし、 夏場半袖・短パンではUV当たりまくりになってしまいます。 グローブはできるにしても 長袖を着ると暑いし、 腕のみの長手袋のようなものは 男性がするには抵抗があります。

特にスポーツカーなどは ウインドウが水平寄りなので特に日が当たります。 実用性だと ウインドウが立っているパジェロが一番です。 シートもファブリックの方が 熱く・冷たくなりにくく 柔らかく 快適です。

服も クルマも、 カッコつけるには 忍耐が必要ですね。

 

◆ 9月 クルマ.

GR

暑い日もありますが、 そろそろ秋本番ですね。 秋の花粉も本番です。 すでに だるい・肩が痛いなど あります。

ところで 新しいクルマが来て 現在慣らし中です。 ディーゼルエンジンですが、 慣らしの方法は ガソリンエンジンとあまり変わりないみたいです。 また、 パジェロのオイルは5000kmで交換ですが、 今回のクルマは 15000kmに一度だそうです。 ディーゼルといっても それぞれに違いが大きいですね。

地球環境をも考えディーゼルにしましたが、 モーターショウを見ていても 今後はEV車になるようですね。 EVで自動運転になり 幸せになれるのでしょうか。 地球温暖化が食い止められれば 少しは幸せかもしれません。

 

◆ 列.

GR

それほど行きたくもなかったのですが、 TDLに行ってきました。 アトラクション的には 子供だましのようなものが多いですが、 セットの規模が大きいので 全く違う世界に来た感があるのは いいですね。

昼食は 普通に入れるファミレスライクなレストランで、 チキンとステーキを食べましたが 思った以上に美味しかったです。

天気が良くなかったのですが、 並ぶ時間は少なかったです。 TDLが嫌いなわけではなく 並ぶのが嫌なので、 近ければ 年間パスポートで 食事に時々行くというのがよさそうですね。

 

◆ グライコ.

iPhone6

バンドのスタジオ練習のとき、 機材をいろいろ持っていると重く 億劫になってきたので、  ベースと シールド チューナーくらいにしています。

Ampegでは 音作りがうまくいっていませんでしたが、 やる気になれば ある程度できてきました。

グライコというと 懐かしい言葉です。 中学生の頃はオーディオにはまっていて、 つまみのたくさんついて 棒グラフのような表示が 音に合わせて動くのがとてもカッコよく思い 使っていました。 それもあり グライコを操作するのは 案外すんなりできます。

このAmpegは 通常のBass Mid Trebleと Graphic Epualizarが 同時に効きます。 どちらか 一方で良さそうですが、 グライコで微調整や 音色を調節するのでしょうか。

ベースは Rickenbacker 4003S を最近使っています。 忙しかったせいもあり ベースを弾く気が起きず なんとかしなくてはと物欲に頼り 行きつけの楽器屋さんにあったのを買ったものです。 4.5kgと少し重い個体ですが 思った以上に音もよく 気に入っています。 弾きにくい代表のように言われていますが、 ヴィンテージの弦高が低くできない4001に比べると とても弾きやすいです。 ピッキングも すぐなれます(フィンガーピッキングしています)。

ピックガードもつけたままで フロント寄り・リア寄りで弾くのでも 音のキャラクターを 大きく変えられます。 リア寄りで弾く場合も フィンガーレストをつけなくても ボディーサイドに手のひらを固定すれば問題無いです。 弾きにくいと言われるほど オリジナルのままで 弾きこなしたくなります。

ボディー形状の関係が もっと軽量なジャズベ・プレべより 座って弾いていると腰などが痛くなりにくいです。 ヘッドは 水平より少し上でバランスするので それより上で弾く方は ヘッド落ちを感じます。 ストラップで服がヨレるのが少し気になります。 これはグリップの良いストラップではない方が いいかもしれませんね。