食事」カテゴリーアーカイブ

◆ 日渡食堂 旧上岡小学校.

GRⅢ

今日、 たまたま通りかかり 昼食を摂りました。 古い小学校を 再利用した施設は最近増えてきているようで、 行ってみたいと思っていたので ラッキーでした。

一つの教室が食堂となっていました。 かき氷やおにぎり、 シャモの釜飯があり、釜飯をいただきました。 ボリュームはかなりありました。 ウエイターは70代くらいのおじいさんでした。 食後、 そのおじいさんが 味はどうでしたか? と聞かれたので、 もちろん おいしかったですと答えましたが、 味はかなり薄味でした。 エアコンはないので 夏の暑い日は 辛いものがあると思います。 

他の教室や職員室、 講堂も見学できます。 写真映えする所なので 大学の写真部と思われるグループもいました。 その中の カメラ女子の一人は、 ローライフレックス・Nikon FM2・リコー オートハーフと思われるフィルムカメラで取っ替え引っ替え取っていました。 フィルムカメラが若い人に流行ってるとはいえ マニアックですね。 他にもデジカメラなども持っていたようです。 

一方、 僕はGRⅢしか持っていかなかったので これ1つで撮りました。 出かける前は いくつかのカメラの電池を充電してはいたのですが、 小さいカバンに入るGRだけにしたのです。 主に室内なので 広角のGRでちょうど良かったです。

GRⅢ

◆ お盆終了.

GRⅢ

予定通り 泊まりで旅行に行くではなく過ごしました。 観光といっても 暑いので、 お店で 買い物や食事がメインになってしまいます。 

休み中に弾き倒そうと Rickenbackerのギターを買い、 以前から気になっていたGRⅢを買いました。 

しかし、 ギターを弾いていると 肩・腰が痛くなるし、 写真を撮るにも外が暑すぎて撮る気にならないし・・・。 

GRⅢ

アウトレットは お店と外の気温差が大きく、 冷えたり 暑くなったりを 繰り返すため体調を崩しやすいように思います。

夏場は 大きく体調を崩さなければ 良しとしましょう。 ある程度健康なら それだけで幸せですから。

GRⅢは そういうことで まだあまり使用していませんが、 起動・AFが早くなったのが良いところですが、 相対的にAFは遅いので スナップには フルプレススナップを使用する必要がありそうです。 そのため ADJボタンに フルプレススナップの距離を割り当てました。 小さいカバンに入れて 気軽に持ち歩くには 最適なカメラです。 GRDから外見はあまり変わらないため、 買った時の喜びはあまりありませんね。

GRⅢ

◆ あんこう鍋.

SONY α6500, SONY 30mm F3.5 MACRO

α6500に SONY 30mm F3.5 MACROをつけて、 あんこう鍋を目的に 水戸に行ってきました。

このレンズは、 発色よく 線が太めで はっきり・くっきり写ります。 MACROなので接写もできます。 遠景の印象とは違い トロけるようなボケです。 撮って出しでも ネットやSNS栄えする絵ですね。

SONY α6500, SONY 30mm F3.5 MACRO

一方、 あんこう鍋ですが あんこう自体には 味があまりないので ある程度煮込んでから食べるのが 美味しいです。

そのほか 軍鶏や 納豆のかき揚げも頼みました。 どれも 癖のある食材なので 好き嫌いはありそうです。 旬のものですから 1年に1度は 食べてもいいかな という感じでした。

SONY α6500, SONY 30mm F3.5 MACRO

SONY α6500, SONY 30mm F3.5 MACRO

◆ ワイナリー.

SONY RX1

梅雨に入りましたが、 カラッとしたいい天気です。 なので テラスでランチを摂りました。 ワイナリーなので ワインが飲めたらいいのですが・・・。

クルマ選びも いろいろ迷い どうどう巡りに陥ったりしていましたが、 ある程度固まってきました。 試乗できればしてから購入したいものです。

フォルクスワーゲンのディーラーで ゴルフRを見に行ったのですが、 試乗車はなく 入る予定もないとのことでした。 そのセールスマンの能力かもしれませんが これでは売れませんよね。 ギターと一緒で カタログではすごく気に入っても 実際使用すると まったく合わないこともあります。 特にクルマは すぐ変えるわけには行きませんから。

現在 いいと思っているクルマも 最寄りのディーラーにはないため、 陸送で試乗車を持ってきてもらうことになりました。 陸送も 数万円かかる(ディーラー持ちです)と思うのですが、 試乗は重要ですからね。 ディーラーの誠意を感じます。

クルマを買うときは、 クルマ自体より 担当のセールスマンによるところが大きく、 誠意があり 信頼感が築ければ 買いますし、 なければクルマがいくらよくても 買いません。

もちろん 買う方にも 購入意思や真剣さは必要ですけどね。

 

◆ Compact.

SONY RX100 M5

先日、 何気ない風景・場所・物も 時間が経つと意味を持ってくることもあるのだと思い、 作品目的や 意味のあることだけでなく 気軽に記録してみることにしました。

それには いつもカメラを携帯している必要があります。 スマホで ことは足りるのですが、 カメラの操作感や 画質面で満足しにくい部分もあるので、 別に持つことにしました。

理想は、 小さく・操作性が良く ストレスない使用感・画質が良い モノですが、 それぞれ 相反するので難しいところです。

画質優先なら RX1やGR、フォーサーズですが、 GR以外はレンズが出っ張り、レンズカバーが自動で閉じません。 サイズ重視なら1/1.7インチセンサーなどセンサーの小さいコンデジですが 使ってきた感じでは画質・鈍い操作性が満足できません。 それらの隙間に 1インチセンサーのコンデジがあります。 これまで購入したことはありませんが、 画質は フォーサーズの方に近く、 サイズは小さく、 レンズは薄く・自動で開閉できそうでした。

それなので 1インチセンサーカメラで、 その中でもAFが速く 撮影動作にストレスが少なさそうな SONY RX100m5にしました。 GRは スナップ最強だと思っていますが、 どこまで迫れるか また、 アドバンテージがあるか楽しみです。

先日の 欲しいカメラがないというのと矛盾しているようですが、 モノとして魅力的で欲しいカメラは ありませんが、 目的のため道具として購入しました。(ホントか?!)

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

◆ Digi Cam.

GR

少し 春の気配を感じるようになってきて 過ごしやすくなってきましたね。

カメラメーカーは 勢いがなくなってきています。 スマホに押されてと よく言われますが、 写真を趣味で撮っている人は スマホを持っていても カメラ専用カメラ!を 買っているはずです。 これまで カメラは、 趣味のモノだと思っていましたが、 一般的には実用品だったのですね。

僕は 趣味で写真を撮っていますが、 最近のデジカメ(ライカも含めて) 魅力をあまり感じなくなってきました。 新製品が出て ここが良くなったなどレビューには 毎度のことのように書いてあります。 しかし、 技術的な進化は 微々たるものになっていると思います。 操作性などは 進化するかもしれませんが、 何十年も製品を作っているメーカーが 顧客の要望に応え改良するというのも 戦略を感じます。 それだけ 経験があるのなら 初めから使いやすくすればイイのに。 そこまで 真剣に作っていないのか。

これから カメラ専用カメラは 仕事の道具に特化していくのでしょう。

 

◆ もう一つの アイスクリーム. 

GRD4

GRD4

2つの並んだ アイスクリーム.        そばには、 笑顔の2人.

//////////////////////////////////————————————-//////////////////////////////////

先日は、 雨にも履けるようにとBettanin & Veturiの靴を買いましたが、 それも もったいない気がしてきました。

これから 梅雨もあるので より雨に強いDanner light3 (black)も追加しました。 この靴は GORE-TEXを採用しており防水性と透湿性を両立しています。 最近のDannerは ブランド力を落としているように思いますが、 light3は以前からの品質を維持していることを信じて買いました。

革とコーデュロイナイロンのコンビなので カジュアルすぎるかと思いましたが、 black なのもあって パンクファッションっぽく イイカンジです。 靴全体が硬くないので とても履きやすいです。

透湿性があるのも 1つの売りみたいですが、 履いていると足が熱く感じました。 これは これまであまり感じた事がありません。 やはり 防水性の影響でしょうか。 イメージとは反対に 革は以外と透湿性があるのかもしれません。

学生時代に 仲の良かった友達が 定番ブラウンのDanner lightを履いていました。 彼はいつもその靴を 履き倒していたため カッコイイとか ほしいとかは思いませんでしたが、 当時から高価でしたので、 イイ靴なんだろうな と思っていました。 また彼の持ち物は 扱いが乱暴なためか 消耗が激しかったのですが、 Dannerは何年も履いていたので 耐久性は高いのでしょうね。

GRD4

GRD4

◆ 生命の源.

SONY α7R,  DR Summicron 50mm f2

SONY α7R, DR Summicron 50mm f2

水は生命の源で とても大切なものですが、 水を飲むのは少し苦手です。 昔の水道の水は 塩素が強く とてもまずかったので そのイメージが続いているからでしょう。

水を購入するのも良いのですが、 重く買ってくるのが大変ということで、 浄水器を付けています。 還元水にもでき少し高価ですが、 便利でコーヒーや料理もおいしくなる気がします。 塩素は除去されていますが、 水だけで飲むのはやはり抵抗があります。

小さい頃の トラウマは一生続くものなのですね。