タグ別アーカイブ: RICOH GR

◆ ガラス窓.

GR

久しぶりに晴れたので 慣らしも兼ねてドライブして来ました。 久々に暑かったせいか クルマの中が特に暑く感じました。

怒涛のパワー・燃費の良さなど 各社クルマの性能を争っていますが、 自動車のウインドウガラスの性能を進化させてもらいたいです。

断熱性・紫外線カットを強力にすると かなり快適なドライブになります。 暑さ・寒さは エアコンで時間がたてば良いですが、 紫外線カットは難しいです。 前3面はサンシェードをつけると違反になりますし、 夏場半袖・短パンではUV当たりまくりになってしまいます。 グローブはできるにしても 長袖を着ると暑いし、 腕のみの長手袋のようなものは 男性がするには抵抗があります。

特にスポーツカーなどは ウインドウが水平寄りなので特に日が当たります。 実用性だと ウインドウが立っているパジェロが一番です。 シートもファブリックの方が 熱く・冷たくなりにくく 柔らかく 快適です。

服も クルマも、 カッコつけるには 忍耐が必要ですね。

 

◆ 9月 クルマ.

GR

暑い日もありますが、 そろそろ秋本番ですね。 秋の花粉も本番です。 すでに だるい・肩が痛いなど あります。

ところで 新しいクルマが来て 現在慣らし中です。 ディーゼルエンジンですが、 慣らしの方法は ガソリンエンジンとあまり変わりないみたいです。 また、 パジェロのオイルは5000kmで交換ですが、 今回のクルマは 15000kmに一度だそうです。 ディーゼルといっても それぞれに違いが大きいですね。

地球環境をも考えディーゼルにしましたが、 モーターショウを見ていても 今後はEV車になるようですね。 EVで自動運転になり 幸せになれるのでしょうか。 地球温暖化が食い止められれば 少しは幸せかもしれません。

 

◆ 列.

GR

それほど行きたくもなかったのですが、 TDLに行ってきました。 アトラクション的には 子供だましのようなものが多いですが、 セットの規模が大きいので 全く違う世界に来た感があるのは いいですね。

昼食は 普通に入れるファミレスライクなレストランで、 チキンとステーキを食べましたが 思った以上に美味しかったです。

天気が良くなかったのですが、 並ぶ時間は少なかったです。 TDLが嫌いなわけではなく 並ぶのが嫌なので、 近ければ 年間パスポートで 食事に時々行くというのがよさそうですね。

 

◆ 自動車保険や車のこと.

GR

車のディーラーで 自動車保険更新や変更をしたのですが、 変更条件が反映されていなかったり・ 保険会社の申込みされていなかったり 不備が続いています。 それも違うドイツメーカーのディーラーで。 これまでは こういう不備はなかったので システムの変更などがあったのでしょうか。 大きな問題は起きていないので いいのですが、 連絡や手続きが二度手間になるので しっかりしてほしいものです。

車関係ですが、 クルマを下取りに出しました。 某有名クルマ買取・販売店で 売却しました。 高値で買い取ってくれたのですが、 契約後に 不備が見つかったようで 後日その修理代を30万ほどお願いできないかとの連絡がありました。 その不備は チェックすればすぐわかるものですが、 おそらく契約後に 生じたモノではないかと思います。

契約後ですので 結局相手は引き下がりましたが、 契約などの意味をあまり理解していない人では そのまま支払う人もいるのでしょうね。

クルマ買取店に行くと 相手は必死に買い取ろうとするため ある程度こちらも駆け引きを練って臨む必要があります。

話していると 詐欺師と話しているようで気分はあまり良くありませんが、 結果が良ければ いいとしましょう。

 

◆ Fire Works.

GR

お盆休みに ツインリンクもてぎの花火に行って来ました。 数年前、 雨で中止になって以来 見ずじまいでした。

前回は 駐車場も遠く 席まで行くのもバスが必要な上 帰りも渋滞でかなり時間がかかりました。(その上 中止となりました。)

今回は、 会場の近くの駐車場と 席も割と良いところを取ってもらったので 行きも帰りもスムースでした。

打ち上げ場所と 観覧席は近いため、 花火・音とも迫力がありました。 ラストは これでもかというほどの 連発で 綺麗というより 火薬の爆発で圧倒された感じです。 GRの広角で撮っていますが、 その画面いっぱいの花火でした。(3枚目)

冬にも 花火をしているみたいなので また行って観たいです。

GR

GR

◆ Sakura 2017.

GR

ネモフィラを見に行こうと思ったのですが、 人が多すぎて到着できそうになかったため その近くのコストコへ行きました。

アメリカ的な 大きなバースデーケーキがありました。 デザインも派手で 見ているだけで楽しくなります。 子供などは 特に喜びそうです。 味はそれほど期待できないかもしれませんが、 安くて インパクトがあるので 僕なら上品なケーキより こちらをもらった方がうれしいです (子供でないですけど・・・)。

そのあと とても天気が良く 気持ちよかったので、 別のところへ花などを見に行きました。 桜は 終わりかけですが、 木によってはまだ咲いていました。 春らしい パステルの山で癒されました。

 

◆ あの頃へ.

GR

時には 昔住んでいた場所に行ってみたいと 思うことがあります。

高校までは 広島に住んでいましたが、 その後は 関東で過ごしています。 今は 親も 広島にはいないので、 広島へ行くことは ほとんどありません。

実際遠いので 簡単に行くことは難しいですが、 Googleマップで 2次元で行くことはできます。 それなので Google マップで散歩してみました。

場所によっては 20-30年行っていないのですが、 道は覚えているものですね。 建物は 変わっているものも多いですが、 ところどころに昔のままの建物があり 道しるべになります。

まずは、 小学校に行ってみました。 通っていた学校は すでに移転していて校舎はなくなっていましたが、 体育館がまだ残っていました。 僕が3−4年生の頃、 新しく建て替えられ 赤い屋根に 真っ白い外壁で とても綺麗な自慢の体育館でした。 今はというと、 外壁は黒いまだら模様が全面を覆い ほぼ廃墟です。 校舎の跡は 住宅地になっていました。 記憶の中にある 懐かしい風景は もうありません。 写真でも残っていればと思うのですが、 厚い鉄枠の窓・ 廊下の横の花壇・体育館への細い階段など 何気ないものの写真などあるはずはないでしょうね。

Googleマップで 昔いた場所を散歩していると、 当時そこにいた精神状態になるのか、 懐かしいというだけでない 何か 不安定な感覚も伴ってきます。 なんとなく 若い中学・高校生の思春期の頃は 輝いて・生き生きしていたのだと思い込んでいたりしますが、 よく考えると 将来もどうなるかわからず、 車もなく・お金も自由ではなく かなり抑圧された日々だったのだと思います。 その不安定な当時の感覚が 記憶とともに呼び起こされてきたのではないでしょうか。

散歩画面に没頭し ふと眼を外すと、 一瞬どこにいるのか 何をしているのかピンとこず、 現実を認識した後も 変な感じで ボーっとしてしまいます。 それだけ 過去に戻っているのでしょう。 ある種 タイムマシーンですね。

近年は 刺激的なこともなく、 物欲を動力とし 閉塞感のある退屈な日々を消化している?のですが、 中学生の僕から見ると 今の僕は羨ましく見えるかもしれません。 昔、 思い描いていた幸せと 今思う幸せには差異があることも 気付かされました。

色々考えさせられましたが、 何より いい気分転換になりました。

 

◆ Digi Cam.

GR

少し 春の気配を感じるようになってきて 過ごしやすくなってきましたね。

カメラメーカーは 勢いがなくなってきています。 スマホに押されてと よく言われますが、 写真を趣味で撮っている人は スマホを持っていても カメラ専用カメラ!を 買っているはずです。 これまで カメラは、 趣味のモノだと思っていましたが、 一般的には実用品だったのですね。

僕は 趣味で写真を撮っていますが、 最近のデジカメ(ライカも含めて) 魅力をあまり感じなくなってきました。 新製品が出て ここが良くなったなどレビューには 毎度のことのように書いてあります。 しかし、 技術的な進化は 微々たるものになっていると思います。 操作性などは 進化するかもしれませんが、 何十年も製品を作っているメーカーが 顧客の要望に応え改良するというのも 戦略を感じます。 それだけ 経験があるのなら 初めから使いやすくすればイイのに。 そこまで 真剣に作っていないのか。

これから カメラ専用カメラは 仕事の道具に特化していくのでしょう。

 

◆ control.

GR

The Beatlesは過去に存在したバンドですが、 The Rolling Stonesは現役です。 Stonesのメンバーは 今もみんなスリムで カッコイイですね。 Beatlesに比べ 不良のイメージがありますが、 実は優等生のおぼっちゃまみたいです。 それなので 自己管理もシッカリしているのでしょうか。

今でも ミック・ジャガーの動きは なめらかで20代と遜色ないです。 日本人では 矢沢永吉もそうですね。

つくづく 日頃の食事・運動・ストレスなどの管理は 大切だと感じます。

 

◆ Guns N’ Roses.

GR

ガンズを観てきました。 学生の頃は よく聴いていました。

アクセルのスラッシュも かなり横幅が大きくなっていますが、 声も思いのほか出ていますし 動きもよく まだまだイケてます。 好感の持てるライブでした。

オープニングアクトは BABY METALでした。 彼女たちのパフォーマンスは 素晴らしいですが、 音のバランス悪く ベドラ・ベースが大きすぎ ギター・キーボード・打ち込みなどの音が 聞こえず乗り切れない感じでした。 ガンズの演奏では まあ なんとかバランスは取れていたので、 会場のせいだけではないでしょう。

観客は中年以上のロックな方が ほとんどでした。 僕が子供の頃 日本では、 ロックコンサートに ロックな中年が集まるなど ほとんどありませんでした。 時代は 移り変わっていますね。

観ている時、その前後を入れると 4−5時間以上は 立っているので、 翌日は 体が痛い方が多いことでしょうね。