カテゴリー別アーカイブ: 建築物

◆ スタジオ練習.

iPhone6

1年ぶりに ベース担当のバンドが再開しました。 しかし、 曲はほとんど忘れており 覚え直しで 大変です。

練習は バンドの本拠地である千葉ですが、 1人以外 他県在住で、 遠方は京都から来ます。 それなので 練習は2ヶ月に1度くらいで 忘れた頃に練習です。 それでも このペースで 遠方からよく来るなと思うのですが バンド愛が強いのでしょうね。

僕は 高速で行きます。 昨日は天気も良く 帰りの夕日もキレイで いいドライブでした。 途中にある この大仏は いつ見てもギョッとします。 特撮を見ているようです。

 

◆ A Strange Dream .

SONY RX100 M5

夢は不思議ですね。

夢で、 父の左半身が急に動かなくなり 救急車を呼びました。 遠いのですが 他の県のA病院に搬送します とのことでした。 車であとから 病院に行きましたが、 気が動転していたため 近くのB病院だと思い込み B病院に行ってしまいました。 そこで ウロウロしていると 近くの人に A病院に運ばれたのでしょうと言われ、 あ、 そーだったと間違いに気付きました。

夢の中で、 すっかり勘違いしていたことを 他の人に指摘され、 そーだったと 驚きとともに 間違いに気づかされたのです。

それがどうしたと思われるかもしれませんが、 不思議なのです。 夢は 小説を書くように 自分でそういうストーリーを作りあげているようですが、 その場合は 小説の中の他人の行動も 自分が創り出しているので、  他人の行動に驚かされるという感情は湧かないはずです。 予想していないからこそ 驚きの感情が生まれます。

そうすると 自分の意識とは違う、 別の意識・自我が存在するのでしょうか。 自分の中に 他人がいる。 そんなことを言うと 頭がおかしいと思われるでしょうけれど 夢の中では現実とは違う人になったり なんでもあり得ることを考えると、 実は普通のことなのかもしれません。 起きている時にも その夢の思考が表出されると 多重人格のようになったりするのではないでしょうか。

夢の中では 誰もが多重人格なのです。

 

◆ ruins.

SONY α7RⅡ, VELVET 56mm f1.6

SONY α7RⅡ, VELVET 56mm f1.6

廃墟を見ると 落ち着きます。

なぜなのでしょうか。 時が止まり 時間に追われる感がないからか、 懐かしさからか。

美しい廃墟は 撮る被写体的にはいいですが、 見るには 人の営みが残っているような廃墟の方が 好きです。

廃墟を撮りたいのは ヤマヤマですが、 不法侵入など法律的に また、 保安・安全的に問題があり なかなか撮れませんね。

廃墟ではありませんが、 団地系も好きです。

 

◆ TDSの青春.

RICOH GR

RICOH GR

TDSにいきました。 この時期はハロウィンで 人がおおいですが、 仮装っぽいひとも多いので 楽しい雰囲気です。

修学旅行生も結構いて ブラブラ歩いていると、4〜5人の女子高生が 数人の男子に記念にいっしょに写真をとろうと すこし照れながらもちかけているのですが、 男子もはずかしいらしく なかなか素直に慣れない様子でした。

それから 側の小さな噴水を 何気なく見ていると、 先ほどの女子高生の1人が 『 写真とってもらえませんか? 』と携帯を差し出してきました。

ことわる理由もないので 承諾し 撮ろうとしたところ、 女子はベンチ中央に 並んで座っているのに、 まだ男子が モタモタしていました。 自分も いつまでもモタモタしていられないので、 女子の横に すわって!すわって!と 体を押しながら座らせました。  なんでオレこんなことまで してるんだろう。 と思いながら。

このときは GRを片手にもっていただけなので、 写真をうまくとってもらえそうと 頼まれたのではなく、 ボーっと 手があいていそうだったので 頼まれたのだと思います。 一応、 ポーズをとる前の自然な状態と ポーズをとってからを数枚づつ撮りました。

修学旅行の写真は 一生の宝物になり得るので、 そんな写真になってくれればと思いながら・・・。

 

◆ 風と音を感じながら.

Nikon Df, AF-S NIKKOR 58mm f1.4G

Nikon Df, AF-S NIKKOR 58mm f1.4G

あたたかい空気に 身をまかせ フラフラする。 そんな季節。

/////////////////////———————-/////////////////////

やっとパジェロのオーディオのインストールが済みました。 しかし、1ヶ月ほど鳴らしてから調節が必要です。 今は 硬い音で、 やや高音が強く 低音はあまりでていない感じです。

音はもちろんグレードアップしているのですが、 カーオーディオの機器は、 ホームオーディオに比べ低価格なのでどこまで良い音になるでしょうか。(加工や取り付け費用がかなりかかりますが)

ディーゼルなので ガラガラとしたやや高い安っぽい音が気になっていたのですが、 ドアのデッドニングをしたせいか その音がほどんど気にならなくなりました。 ボンネットのデッドニングをしないとエンジン音は変わらないと思っていました。 これは オーディオの音が良くなった以上に収穫でした。

イヤな所がなくなってくると さらにクルマに愛着がわいてきます。

◆ 隣には.

SONY α7R,  DR Summicron 50mm f2

SONY α7R, DR Summicron 50mm f2

こうして並んだのも 偶然じゃないんだ。

/////////////////////////////—————————–//////////////////////////

α7Rは 通常JPEGで撮っていますが、 一見白飛びしているように撮れることが多いように思います。 実際にはギリギリ白飛びしていません。 ラティチュードが広いためでしょうか。 好みは別にして 性能的には優れているのでしょうね。

◆ 芯.

SONY α7R,  DR Summicron 50mm f2

SONY α7R, DR Summicron 50mm f2

肉をはぎとられても 骨でがんばってるんだ。

////////////////////////////////———————————-//////////////////////////////

最近、音楽は主にポータブルで聞いています。 スピーカーできくオーディオもいいですが、 本気でいい音にしようとすると防音や反射防止など大掛かりになります。 それに比べると 手軽にどこでもいい音がきけて、楽しめるのがポータブルオーディオのいいところですね。

今週末にSONYのウォークマン ZX-1が発売されます。 ハイレゾもより気軽に聞けそうで、 iPodで聞いている曲もこれで聞けるようです(アップサンプリングもできるみたいです)。 難点はハイレゾでダウンロードできる曲はまだ限られているところでしょう。

しばらくは iPod touch + PHA-2でいきます。 このアンプもiPodと直接デジタル接続し、DACにとおせる優れものです。 ちなみにイヤホンは Westone UM Pro30です。 W40もでましたね。

このところSONYは音楽やカメラなどいろんな分野で オモシロい製品を出しています。 リスクもあるでしょうけれど、 チャレンジ精神のある企業は応援したくなります。

OLYMPUS PEN E-P5, M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

OLYMPUS PEN E-P5, M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

◆ 絡まり.

X-Pro1, ANGENIEUX 28mm f3.5

X-Pro1, ANGENIEUX 28mm f3.5

赤い鉄: 君は 拘束なの? 装飾なの?

///////////////////////////////////////———————————–///////////////////////////////////

紅葉もそろそろ後半ですね。 今週にでもいってみたいです。 湯ノ湖が一番好きなのですが、 紅葉は終わりかけているみたいです。

◆ 廃墟と 芸術と ゴミ.

X100s

X100s

機能を停止したものは、 『実用性がない』と言う意味で アートと共通ですね。

アートととしての素質は 十分ですが、 形式上は ゴミです。

廃墟は 芸術性と歴史を 併せ持つところが 素晴らしいところです。

X100s

X100s

◆ 現代の巨大アート.

SONY α77,Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA

SONY α77,Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA

モノ や 物事の真実を 見極められているだろうか。

その他の付属品や 真実をねじ曲げることによる利益 に惑わされていないだろうか。

それを 利用するにしろ、 利用されるにしろ 見極めることで リスクは減少させられる。

////////////////////////////////——————————-///////////////////////////////

この橋は ローマ時代の水道橋を思い起こさせますね。

まっすぐな直線と 優雅な曲線。 とても美しいです。

こういう建築物は デザインより機能が優先されるのでしょうから、 強度をあげるなどの結果このようになったのでしょうね。

近くで見ると 相当大きく 迫力があります。

何かで展示してあったり 美術館にある作品は 当然素晴らしいものだと思いますが、 日常にあるもので 特別な観賞用ではなくても この橋みたいに、アート作品のようにすばらしいものが結構ありますね。

それに気付き 見極められる人でいたいです。

ダムマニアの方も 同じ感覚なのでしょうね。

SONY α77,Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA

SONY α77,Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA

SONY α77,Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA

SONY α77,Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA