LEICA M Monochrom」タグアーカイブ

◆ Room 2020.04.

Leica M Monochrom (CCD), Elmar 3.5/50 (early)

数日前にElmar 50mmが届き 撮りに行きたかったのですが、 天気もイマイチだったので、 外出はしませんでした。 

このElmarは、 思ったよりパキッとしています。 早く外に撮りに行けるといいと思っています。

コロナに関しては これからは子から親・家族への感染に気を付けなければいけませんね。 安易に実家に帰ったりすると悪い状況になりそうです。

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

◆ 片隅.

Leica M Monochrom (CCD), Summar 2.0/50

大都市と 日本の片隅では あらゆる事が違います。 今の状態では 片隅がいいなと思います。 しかし、 都市とのつながりがないところは ほぼないので どこにいても油断してはいけませんね。

◆ 買い替えどき.

Leica M Monochrom (CCD), Summar 2.0/50

周辺の電化製品が いろいろと10年を超えてきて ソロソロ替え時になっています。 

昨年は エアコンをいくつか替え、 洗濯機も今年に入り買い換えました。 しかし まだエアコン数カ所は古いままで 調子の悪い箇所もあります。 近年の夏は猛暑で エアコンがないとかなり辛い状況になります。 特に夏場は 故障してもすぐには交換が難しく時間がかかることが予想されます。

さらに今は 中国での生産がストップしていたりで 電化製品自体在庫がなくなる可能性があります。 現在も 洗濯機や冷蔵庫は新しく入荷しにくくなっているようです。 エアコンはまだ余裕がありそうでした。

エアコン交換時には 周囲の片付けも必要で めんどうですが、 早めに対策することにします。

◆ 風.

Leica M Monochrom (CCD), Summar 2.0/50

今日は とても風が強く、 連休中ですが撮影には行きませんでした。 そろそろ桜の季節ですね。 これからは いい季節なので せめてもの救いです。

Summar 2.0/50で撮りました。 経年と柔らかいレンズのため、 レンズには細かい傷などが付き コーティングなしなので フワッとし、 シャドーの階調が良いです。 何撮っても古い感じになります。

解像度は レンズによるところが大きいと思っていましたが、 M Monochromでとると 一見フワフワで締まりのない絵出す こんな古いレンズでも 1ドットまで細かく解像されています。 カラーフィルターのないM Monochromがすごいのですかね。 またはライカレンズの性能なら アポなど必要ないのでは と思うほどです。

◆ 行楽.

Leica M Monochrom (CCD), Hektor 6.3/28

今週末は連休ですが、 どうしようか迷います。 屋外に行くのはいいとしても、 食事が困ります。 実際は、 普通に外食していますが 何かと気を使います。

いろんなところに 影を落としていますね。

◆ F6.3.

Leica M Monochrom (CCD), Hektor 6.3/28

Hektor 28mmを付けて撮りに行きました。 Hektorは古いレンズなので フワフワ グルグル 周辺減光バリバリだと思っていました。 この28mmは 程度の差もあるでしょうけれど 全く反対の写りでした。 

オールドレンズ目線だと 拍子抜けする写りです。 絞りは目測F8.6くらいで撮ったので写りが良かったというのもあるかもしれません。 フワッともしておらず、 周辺も 本当に角の隅っこで流れているのみです。 

しかし、 全体を見ると 最新レンズのように チリチリしておらず とてもなめらかで シルキーです。 大きくプリントすると 良さそうですね。

ちなみに A36レンズフィルターを付けて撮ったので、 撮影途中で絞りが変えられませんでした。 開放f6.3なので 絞りを変える必要はないと思いますが。

Hektor28mmはライカレンズの中でも 最も小さく 出っ張っていないので気軽に持ち歩けます。 フードをつけると出っぱりますが、 フードはなかなか手に入りませんね。

ここのところ シルバー銅鏡のレンズがマイブームです。

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

◆ Out door.

Leica M Monochrom (CCD), APO-SUMMICRON 50mm

休みの日は、 屋内では感染のリスクが上がるので 屋外に行く方が安心ですね。 どうしても食事は 屋内になることが多いですが。

ウイルスの感染量が多いと 重症化しやすいとテレビで言っていたので、 少量の感染では症状が出ないか 軽くすみ免疫もできるので良いのではないかと思ったのですが、 意図的にするのは不可能ですね。 

しかし、 みんなが気をつけることで 感染を止めることはできなくても 感染量が少なければ重症化するのを防ぐことはできるような気がします。

◆ どうする.

Leica M Monochrom, ELMAR 65mm f3.5, Visoflex Ⅲ

温暖化により 災害が増加し、 大地震起こる可能性も高い昨今、 どうすれば良いのかと思います。

一番いいのは 災害のない国へ行くしかないのですが、 地震や噴火は避けられても巨大台風・洪水・竜巻などは避けようがないですね。

 国内にいるとすると、 土砂崩れのない平地かつ 川・海などが近くになく浸水しない場所に住む。 高層マンションは良いと思っていましたが、 浸水で停電・断水になる可能性もあるようで 一概に良いとは言えないですね。 特に人口密集地は ライフラインが崩壊・流通が止まると厳しいように思います。 東京は川が決壊すると広範囲に浸水するため逃げ場がありませんし、 富士山噴火などで 停電・断水・交通麻痺・流通停止となると・・・。

 まず生きるのに必要なのは水で、 生活にも必要不可欠です。 今回の台風でも 浄水場が浸水し、場所によっては長い期間断水になりました。 一部の地域の断水だと何とかなりますが、 広範囲に長期間だとどうしようもありません。

 水は大量に備蓄するのは難しく、 生活用水に使用したらすぐなくなってしまいます。 可能なら井戸を設置するのが良いのではないでしょうか。 深井戸は コストがかかり 大掛かりな作業になるので 住んでいる庭に気軽に掘るのは難しいでしょう。 しかし、 浅井戸ならハードルが下がるので設置しやすいです。

 浅井戸は 飲料水に使用するには水質検査をし 基準を満たしている必要があります。 基準を満たしていない場合はそのまま飲料水には使用できませんが、 生活用水には使えますし 浄水器を使用し飲料水とすることもできます。 それなので 井戸があると安心感が増します。

 こんなことを考えたりしますが、 実際実行するとなると難しいことが多いですね。