タグ別アーカイブ: LEICA M Monochrom

◆ Monochrom CCD.

Leica M Monochrom (CCD), Summaron 35mm f2.8

LeicaのCCD剥離は 軽度の場合は、 肉眼では確認できないとのことでしたので 無償交換期限ギリギリで 銀座のカスタマーセンターで チェックしてもらいました。

結果、 1ヶ所の点状剥離が見つかったため 無償交換となりました。 しかし、 部品調達の関係で 来年4月に交換修理です。  写りには影響ないため 問題はありません。

ついでに 銀座シックスにも行って来ました。 思ったより普通な百貨店のような感じでした。 ライティングを もう少しどうにかすると よくなりそうですが。 Leicaのお店も入っているのですね。 特に買うモノもなく 帰宅しました。

 

◆ 別邸.

Leica M Monochrom (CCD), Summaron 35mm f2.8

曇りの日が 多いですが、 暑さも少し落ち着き過ごしやすいです。 こういう日に 写真を撮るにはモノクロがイイですね。

M MonochromとSummaron 2.8/35で撮りましたが、 室内などパースがうまくコントロールできない気がします。 画角とレンジファインダーの相性でしょうか。 またはセンサーとファインダーと水平などにズレがあるのでしょか。

撮った写真が 歪んだように写ります。 撮った時と 写った写真でズレがあり 不思議な感覚です。

Leica M Monochrom (CCD), Summaron 35mm f2.8

◆ Leica CCD.

Leica M Monochrom (CCD), Summaron 35mm f2.8

M9系のCCDセンサーに不具合が出ることが多く、 でた場合2017年8月15日までは無償交換となります。 M9は以前不具合が出たため すでに無償交換してもらっています。

M Monochrom (CCD)は あまり使用しておらずチェックするため 持ち出してみました。 よかったのか 残念なのかビミョーなところですが、 今のところCCDは 問題なさそうです。 おそらく いづれ異常が出る確率が高いので 期限以降は有償修理になってしまいます。

メガネつきSummaron 35mmは ルックス最高ですね。 そして このフレア すごい !! (僕としては ウレシイ。)

Leica M Monochrom (CCD), Summaron 35mm f2.8

◆ Red and Black 3.

Leica M Monochrom, APO-SUMMICRON 50mm

Leica M Monochrom, APO-SUMMICRON 50mm

ROCKBASSのJack Bruce Artist Lineを探しましたが、 日本はもちろん 海外でも見つけられなかったのですが、 Warwickの本国のホームページをみると ネットショップもやっているようなので 見てみると Custom Shop Jack Bruce Signatureは ありませんでしたが、 Artist LineのNirvana Blackのみ在庫ありになっていました。

またも、 これを逃すと 手に入れる事はできないかもという 僕の弱い部分をついてくる 悪い?甘い? 誘惑が 強くゆさぶってきます。 しかし、 海外からのネットでの買い物で 本当にちゃんと届くのか かなり不安がありました。

が、 案の定 誘惑・好奇心には勝てず ポチりました。 あー、 オレって・・・。

その心配をよそに あっけなく 4日後に届いたのでした。

 

◆ ヘビーな Ricken.

Leica M9, APO-SUMMICRON 50mm

Leica M9, APO-SUMMICRON 50mm

Rickenbackerといえば、 ビートルズ。 ビートルズを演奏する人が 使う楽器で、 デザインも特徴的なので 音もキャラクターが強く ほかの音楽には使えないだろうと 勝手に思っていました。

メタルフェスを見ていると Rickenbackerのベースを かき鳴らすプレーヤーがいました。 厳ついメンバーや曲のなかで Rickenのベースは キレイで 輝いていました。

調べてみると Rickenのベースは、 ディープー・パープル、イエス、ピンクフロイド、メタリカ、モーターヘッド、ザ・ビージーズなど そうそうたるバンドのベーシストが使用していたようです。

ビートルズの曲を やるからと言って、 Hofnerのベースは明らかに 他では使えませんが、 Rickenなら 良さそうだなと思ったのです。

ちょうど近くの楽器店に とても程度のよいRickenbacker 4001(79’製)がありました。 Fenderのヴィンテージだと とても高価ですが、 RickenやGibsonはそれほど高くありません。

音は 太く ハッキリしています。 かといって 高音が暴れることもありません。 自分が求めていた音に より近い感じです。 スラップも 問題ありません。

4001はネックが弱く、 順ゾリしやすいため 通常は1音ほど 弦をゆるめて置いておいた方がよいようです。

現在あまり人気のないRickenですが、 最近増えている ベース女子が使うには とても合っているとおもうのですが。

Leica M Monochrom, APO-SUMMICRON 50mm

Leica M Monochrom, APO-SUMMICRON 50mm

 

◆ 忘れた頃 突然に.

Leica M Monochrom, APO-SUMMICRON 50mm

Leica M Monochrom, APO-SUMMICRON 50mm

2年前にたのんだ APO-SUMMICRON 50mmが、 写真熱が落ち着いている時に 突然届きました。

レンズが届いた日は レンズそっちのけで、 同日 LINDY FRALINのピックアップにのせ変えてもらったJazz Bassの そのムダのない低音と ブリブリ感の悦に入っていました。

それが 一段落ついたところで 数枚撮ってみました。

ファーストインプレは、 開放での解像度が良いせいか 実際目でみているような リアル感があります。 また、 それに相反するようですが やわらかさも感じます。

まだ、 素質・特徴はつかめませんが 少しづつ撮ってみます。

NIKON D810, Makro-Planar 100mm f2 ZF.2

NIKON D810, Makro-Planar 100mm f2 ZF.2

◆ メルヘンキノコ.

Leica M Monochrom, ELMAR 65mm f3.5, Visoflex Ⅲ

Leica M Monochrom, ELMAR 65mm f3.5, Visoflex Ⅲ

ミニマムな世界には メルヘンが詰まっています。

 

ところで、 2014年10月22日(水)から26日(日)まで ガレリア原宿で写真展(6人でのグループ展)を行うことになりました。 (詳しくは お知らせをごらんください。)

もし よろしければ、 お気軽に見に来て頂けると うれしいです。 (ちなみに ボクの在廊は 23日(木)と26日(日)の予定です。)

26日(土)には、 パーティー・スライドショーなどがあり、 ドリンク代500円かかりますが フードも用意しておりますので、 よろしくお願いいたします。

6色ーDM

 

◆ 枯れゆく秋.

Leica M Monochrom, ELMAR 65mm f3.5, Visoflex Ⅲ

Leica M Monochrom, ELMAR 65mm f3.5, Visoflex Ⅲ

明日から 気温が下がりそうですね。

世界の中古カメラフェアが有楽町の交通会館で開催されているようなので、 行ってみようかと思いますが、 雨なので億劫な気もします。

最近は カメラやレンズで どうしても欲しいというモノがあまりありません。 いいのか 悪いのか。

◆ 世界の大きさ.

Leica M Monochrom, ELMAR 65mm f3.5, Visoflex Ⅲ

Leica M Monochrom, ELMAR 65mm f3.5, Visoflex Ⅲ

日常に追われていると、 眼に見える範囲が すべての世界と思ってしまいます。

時に、 国・惑星・銀河・宇宙単位で考えると 人の小ささに怖ささえ感じてしまいます。

また、 小さな世界に眼を向けると その壮大さに驚きます。