Hektor 6.3/28」タグアーカイブ

◆ 最近の生活.

Leica M Monochrom (CCD), Hektor 6.3/28

コロナは大分落ち着いてきましたが、 自粛によるものなので やめてしまうと元に戻ります。 

宣言解除されている所も多いですが、 やはりコロナに感染したくないので 極力 買い物や外食はしていません。 

しかし、 家の中にずっといるのもよくないので、 休日 外出する場合は 人の少ない公園で ランチを摂り 散歩したりしています。

自粛の中で 精神面・体力面で 大切なのは運動です。 僕の場合は 以前から自宅で 運動しているので 影響ありませんが、 運動量が少なくなっている方は 注意が必要ですね。 

◆ 行楽.

Leica M Monochrom (CCD), Hektor 6.3/28

今週末は連休ですが、 どうしようか迷います。 屋外に行くのはいいとしても、 食事が困ります。 実際は、 普通に外食していますが 何かと気を使います。

いろんなところに 影を落としていますね。

◆ F6.3.

Leica M Monochrom (CCD), Hektor 6.3/28

Hektor 28mmを付けて撮りに行きました。 Hektorは古いレンズなので フワフワ グルグル 周辺減光バリバリだと思っていました。 この28mmは 程度の差もあるでしょうけれど 全く反対の写りでした。 

オールドレンズ目線だと 拍子抜けする写りです。 絞りは目測F8.6くらいで撮ったので写りが良かったというのもあるかもしれません。 フワッともしておらず、 周辺も 本当に角の隅っこで流れているのみです。 

しかし、 全体を見ると 最新レンズのように チリチリしておらず とてもなめらかで シルキーです。 大きくプリントすると 良さそうですね。

ちなみに A36レンズフィルターを付けて撮ったので、 撮影途中で絞りが変えられませんでした。 開放f6.3なので 絞りを変える必要はないと思いますが。

Hektor28mmはライカレンズの中でも 最も小さく 出っ張っていないので気軽に持ち歩けます。 フードをつけると出っぱりますが、 フードはなかなか手に入りませんね。

ここのところ シルバー銅鏡のレンズがマイブームです。

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR