タグ別アーカイブ: APO-SUMMICRON 50mm

◆ 紅葉 2017.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

日光に行ってきました。 赤沼から湿原を歩く予定でしたが、 到着が8時前になったので すでに駐車場もいっぱいでした。 予定を変更し 湯ノ湖に向かいました。 この辺りは まだ紅葉しきっていませんでしたが、 湖周囲を歩きました。 天気もよく 気温もちょうど良かったため いい散歩になりました。

歩くとお腹も減るので 湖沿いにある レトロな食堂で ちたけそばを食べました。 ここは 景色がよく 時々きます。 紅葉の時期もいいですが、 冬の人のいない湯ノ湖も好きです。

これで帰るのも もったいないので、 20年以上前行った覚えのある もっと上の湖に行くことにしました。

金精峠を登って行きます。 こちらの方が 紅葉が綺麗でした。 目的の湖は 人がいっぱいだったので スルーして 群馬にそのまま抜けることにしました。 そこは ロマンティック街道というらしく 道沿いには野菜や果物を売るお店が多くありました。 ドライブには とても良かったです。

それでも まだ11時くらいなので 渋川・伊香保インターを降りる 下りの車の大渋滞を反対車線に見ながら 高崎で降りました。 ローカルな スズラン百貨店で、 群馬ではメジャーなボンジョールノで パスタを食べ、 なぜか アウターを買い 帰路につきました。

 

◆ Autumn leaves 2017.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

急に寒くなって来て 紅葉もすすみますね。 今週末の連休は 見頃になりそうです。

特に連休となると 混雑が凄そうです。 朝早く行くしかありませんが、 起きられるかです。

 

◆ 終わらない 夏.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

夏は忙しい時期で 次第に落ち着いてくる頃ですが、 状況の変化で まだ夏が続いている感じです。

夏を乗り切ればという思いで 夏をがんばっているのですが、 これが続くとなると どうなのか。 こなせないわけでは ありませんが、 いつも落ち着くと かなり精神的に負担がかかっていたのだなと感じます。 ディプレッション気味になるのか 物欲も減り その分貯金も多少できる気はします。

当面は、 流れに乗って 様子を見ます。

 

◆ Fes 2017.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

夏が終わり、 夏の音楽フェスがCSなどで放送されてきます。 それぞれのフェスに特徴があり 楽しそうですが、 暑さと 人の密集と 長い時間と 見たいアーティストの数など考えると、 快適な部屋で 録画を見るのがいいです。 そして、 出かけるなら 人の少ない 綺麗な自然がいい このごろです。

 

◆ Drive 2017.09.

Leica M9, APO-SUMMICRON F2/50mm ASPH.

紅葉もいいですが、 その前のこの時期の山も いいですね。 紅葉は 気分も高揚しますが、 その前の緑の山は 夏の緑も少し落ち着き 気候もよく 気分が落ち着きます。 人が少なめなのも いいです。

 

◆ Battery display.

Leica M9, APO-SUMMICRON 50mm

連休でしたので、 東照宮に行ってきました。 久々にLeicaを持って行きました。 バッテリーも 1目盛減ったくらいだったので そのまま持って行きました。

着いて まず1ショット。 そこで バッテリー残量が低下しています表示が出て シャッターが切れなくなりました。 ガーン!!

動かないカメラを持っていても 邪魔なだけないので、 一度車に戻り 置いてきました。

なんでもそうですが、 使っていないと不具合が出るものですね。 バッテリーも寿命なのかもしれません。

Leicaではこの写真1枚だけ撮れました。 あとは 予備で持って行ったRX100M5で撮りました。

 

◆ Fes.

SONY α7RⅡ, APO-SUMMICRON 50mm

SONY α7RⅡ, APO-SUMMICRON 50mm

SUMMER SONICやROCK IN JAPANなどFesに行きたいのはヤマヤマですが、 最近の夏の暑さは尋常でないのと、 紫外線に当たりまくるため躊躇してしまいます。

なので 録画したものを自宅でみています。 情報が多様化している事もあってか、 知らないアーティストが多いです。 以前に比べてバンドは チャートの上位にくることも少ないように思います。 でも バンド人口は増えているようで、  学生の頃在籍していた軽音楽部も 現在は100人以上いるみたいです。

ギターやベースは 低いポジションがカッコイイと思っていましたが、 最近は 高めに構えるミュージシャンが多いですね。 そういう人は音楽学校など 音楽教育をうけた人ではないかと想像しています。 教則本にも 座って練習しているのと同じ位置で 構えるのがよいと書いてあるものもあります。 しかし、 これば演奏技術、技巧には良いということです。

見た目を超える 超絶技巧はすごさを感じますが、 バンドミュージシャンも演奏家だけでなく エンターテイナーなので ファッションや機材・見せ方のレベルをあげなければ 長く支持されるのは難しそうです。

言うのは簡単ですが、 実践するのは容易くないのはわかっていますが・・・

 

◆ α7RⅡとMFレンズ.

SONY α7RⅡ, APO-SUMMICRON 50mm

SONY α7RⅡ, APO-SUMMICRON 50mm

APO-SUMMICRON 50mmは、 開放付近での解像度がとてもいいですね。 性能が良いレンズは どちらかと言うと個性が薄いので それほどイイと思う事は少ないですが、 しずる感や透明度が抜けています。 α7RⅡと合わさると一層そう感じるのかもしれません。

個人的には α7シリーズは、 オールドレンズなど いろいろなレンズをコンパクトにフルサイズで使用できることが もっとも評価できるところです。 ライカレンズをつけたルックスは イマイチですが。 ALPAレンズが ルックス的には一番カッコイイなー。

 

◆ α7RⅡのEVF.

SONY α7RⅡ, APO-SUMMICRON 50mm

SONY α7RⅡ, APO-SUMMICRON 50mm

Lightroom 5を使っていたのですが、 α7RⅡのRAWデータが使用できないため Lightroom CCにしました。 Photoshop CCなどいくつかのソフトも使えますが 僕の場合Lightroomのみで十分です。

α7RⅡでは EVFをのぞいたときに、 背面液晶からの自動切り替わりがスムーズになっています。 眼鏡をかけているせいか Rではぐっと押し付けないと切り替わりにくかったので。

EVFの画面は大きくなっているのですが、 これも眼鏡を使用しているため辺縁がケラレ 逆にみえにくい部分があります。 トータル的には やはり大分操作しやすくなってると思います。