タグ別アーカイブ: SONY α7RⅡ

◆ GMT master.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

ROLEXをイヤミなく着けられ、 気に入ったデザインがないものかと思っていました。 それで 目に留まったのが このGMTマスターです。

GMTマスターは 多くのモデル・バリエーションがあります。 いくつか 見て比べた結果、 ブラウンのマットダイアル・フジツボインデックス、 ベゼルはブラウン・ゴールドにしました。 ベルトは かなりヨレた5連ジュビリーコンビブレスが付いていましたが、 このまま着けるのは抵抗があるので 交換しました。

刑事コロンボの犯人がつけていそうな時計です。 ベゼルのゴールド部分と フジツボインデックスが 思った以上にキラキラします。 ダイアルが 光沢だとギラギラしそうです。

それと 製造年が、 僕が生まれた年と同じなので なんとなく親近感を覚えます。

GMTマスターは 少し前まで人気がなかったのですが、 近年盛り返しています。 すでに 買い時は過ぎているかもしれませんが、 今後の動向を楽しみます。

 

◆ My時計ブーム’’’.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

色々検討した結果、 サブマリーナにしました。 すべてオリジナルだと思いますが 50年前のモノにしては とてもキレイです。

ベルトは メタルから 革に変えました。 ベルトは使用すると どうしても傷がつくのと 革ベルトの方が何と無くオシャレなので。

現在のモデルと比較すると 小さめで、 プラ風防なので、 一見おもちゃの時計に見えなくもないですね。

ROLEXの世界は 他の高級時計と 魅力のポイントが違います。 美しいギョーシェ彫りや 複雑なムーブメントを楽しむのではなく、 アンティークのブリキのおもちゃにあるような魅力です。

アンティークROLEXの場合、 時計より それ自体の価値に 主をおいて購入される方も多いと思います。 その価値を保つためには、 なるべくオリジナルを保ち 履歴をハッキリさせておくことが必要です。

機械式時計は オーバーホールやメンテナンスが必要なため、 それをしっかりでき・倒産の可能性の低いお店で購入するのが望ましいでしょう。 そこでメンテナンスしていれば 履歴をも明らかですし、 購入したお店で売却すれば 条件的には良いと思います。

ROLEXでは 並行輸入など正規品でなくても ある年代以降のモデルなら 料金の差別なくオーバーホールしてもらえるのですが、 注意が必要です。

もし 社外品の部品で修理されていた場合、 模造品と見なされ没収される可能性や、 オーバーホールの際 オリジナル部品が新品にドシドシ交換され アンティークの価値が著しく下がる可能性があります。

正規のお店でメンテナンスするのが良いと思いがちですが、 アンティークの場合 そうとも言えないため よく検討する必要があります。

 

◆ My時計ブーム.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

ちょっとしたキッカケで My時計ブーム中です。 10年ほど前より 高級時計の価格が上がり 興味を失っていました。 今回、 色々調べて見るとROLEXなどは10年前に比べると 信じられないほど値上がりしています。 その上 新品でさえ品不足で 正規販売店以外では 販売価格が 国内定価より数十万円高となっています。 正規販売店で 買えればいいのですが、 今はなかなか難しいようです。

10年前に買っていればと 誰もが思うでしょうけれど、 当時はROLEXには興味ゼロでした。 メジャーすぎるのと オシャレ感を感じなかったためです。 唯一、 ヴィンテージのデイトナは いいなと思いましたが これは当時でさえかなり高価でしたので、 買えませんでした。 ROLEXは 検討中です。

気軽に買った時計は 使用する機会が少ないことが多いのですが、 SEIKO PROSPEX DIVER SCUBAを買いました。 本格的なスキューバー時計を 日常でも使いやすいようにしたモデルです。 実際ある程度のスキューバーには使用できるみたいです。

日本製の時計は 変にキラキラして 安っぽいのですが、 これはそれがなく バンドもメタルのブラックで シックな感じでオシャレに使えます。(ラバーバンドモデルもあります。)

 

◆ Blue Note Tokyo.

GR

話の中で、 以前お金を貯めては Blue Noteに著名なギタリストなどを観に行き その時の凄さや 感動は今でも強く印象に残っていると聞きました。

映像では ちょくちょく観ることもあり 雰囲気の良いところだと思っており 時間も取れたので行ってきました。

出演者は 一流のミュージシャンなので 演奏が素晴らしいのはもちろんですが、 音響もよく ゆったり座って観られるのも良いです。 今回は 時間の節約も兼ね ディナーもとりましたが、 Blue Noteでは 軽いおつまみと アルコールで、 他で食事をする方がスマートかもしれません。

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

◆ Camera Bag.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

いつもは タスキがけできるような 小さな革鞄を使っています。 これだと コンパクトデジカメか RX1くらいしか入りません。

カメラバックにも オシャレっぽいのもありますが、 気軽に持ち歩くには デザインはイマイチです。 自意識過剰だと思いますが、 カメラバックとわかるモノだと 写真好きで 気合い入れて撮っているんだろうなと 見られそうなのが なんかイヤなんです。 スナップの場合は、 なんとなく 目にとまったものを 何気なく撮っているのがスマートだなと思います。

ライカのレンジファインダーなんかで撮っていると カメラ好きな人が見れば 気合入ってるなと思われるかもしれませんが、 同じ撮る側の人には 思われても気になりません。

アウトレットのセールで 少し大きなカメラも入りそうなバックがあり、 カメラの出し入れもしやすそうだったので使ってみることにしました。 少しは イイ写真が撮れる機会が増えればいいのですが。

 

◆ PENTAX KP.

PENTAX KP, PENTAX FA31mmF1.8AL Limited

ここのところ クルマも買う予定なので なるべく無駄遣いをしないように、 趣味のモノは控えてきました。 しかし、 暑い気候や 仕事の忙しさもあり 精神的にかなり落ちてきているため 久しぶりに一眼レフを買いました。

ヨドで見て廻り 割と最近発売された 小さめのPENTAX KPが目にとまりました。 10年近く前に PENTAX一眼を買い グリーンラインのリミテッドレンズを数本揃えたのですが、 もったいないと思いながら あまり使わずしまってありました。 これらのレンズも 使えると思い購入しました。

PENTAXのリミテッドレンズは 小さく性能が良いのが特徴ですが、 久々に使って見ると AFの音が大きいのに驚きました。 ちよっと使う気が失せましたが、 MFにすると静かで良いです。

PENTAXの一眼は グリップが僕には大きかったのですが、 KPは小さくなり 取り外しでグリップの大きさが調節できるところも 購入理由の1つです。 ちなみにLグリップにしています。 外装は 深いマットブラックで しっとりした感じがイイです。

ガッツリ撮るときは 一眼レフがやはり撮りやすいですが、 それ以外の時は ミラーレスにくらべ 一眼レフにメリットがあるかと言われると ないような気がします。 なので 小さい一眼レフの 存在意義はないのですが、 なぜかフレンドリーな感じがします。 これは すでに懐古的な感覚なのでしょうか。

ミラーレスより優れた・売れる一眼レフを作るには 一眼レフのフラックシップ機並のファインダーで プリズム機構を小さくし、シャッターの音を小さくすることですね。 これらは 新技術・機構を使わなければできませんが、 できなければミラーレスに取って代わられでしょう。 いや ミラーレスのファインダーを 一眼レフ並にする方が 近道か。

とりあえず 使って見ます。

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

◆ Compact.

SONY RX100 M5

先日、 何気ない風景・場所・物も 時間が経つと意味を持ってくることもあるのだと思い、 作品目的や 意味のあることだけでなく 気軽に記録してみることにしました。

それには いつもカメラを携帯している必要があります。 スマホで ことは足りるのですが、 カメラの操作感や 画質面で満足しにくい部分もあるので、 別に持つことにしました。

理想は、 小さく・操作性が良く ストレスない使用感・画質が良い モノですが、 それぞれ 相反するので難しいところです。

画質優先なら RX1やGR、フォーサーズですが、 GR以外はレンズが出っ張り、レンズカバーが自動で閉じません。 サイズ重視なら1/1.7インチセンサーなどセンサーの小さいコンデジですが 使ってきた感じでは画質・鈍い操作性が満足できません。 それらの隙間に 1インチセンサーのコンデジがあります。 これまで購入したことはありませんが、 画質は フォーサーズの方に近く、 サイズは小さく、 レンズは薄く・自動で開閉できそうでした。

それなので 1インチセンサーカメラで、 その中でもAFが速く 撮影動作にストレスが少なさそうな SONY RX100m5にしました。 GRは スナップ最強だと思っていますが、 どこまで迫れるか また、 アドバンテージがあるか楽しみです。

先日の 欲しいカメラがないというのと矛盾しているようですが、 モノとして魅力的で欲しいカメラは ありませんが、 目的のため道具として購入しました。(ホントか?!)

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

◆ Pedal for Tennessean.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

Tennesseanの音は エフェクターノリが良くないため アン直が良いとの意見が多いようです。

しかし、 この素直な音を 軽く歪ませると やや甘い 魅惑的な音になるのではと思い いくつか ギター用の歪み系エフェクターを 試して見ました。 それはそれで 良いのですが 音の響きや厚みが減り 音が薄くなり、 Tennesseanのフルアコの良さがなくなってしまいます。

少し前まで ベースでBandをしており、 ベース用エフェクターをかなり買いましたが、 そのバンドでは アン直が最も良いとの結論で エフェクターは使わずじまいで しまい込んでいました。

Tennesseanの音には ベース用エフェクターの方が合うのではないかと 引っ張り出し 使ってみました。 元音を残しながら そこに歪みが加わる感じで 音が薄くならず良い感じでした。 ベース用エフェクターには ブレンドやイコライザー機能などが 付いているものが多く 調節もしやすいです。

試したのは、 electro-harmonix Bass Soul Food, VICTOR WOOTEN707 808 909, BOSS BASS DRIVER BB-X1, Shigemori G.O.T Bass Drive, Darkglass Electronics Microtubes B7Kです。

軽く歪ませた場合は 個々のエフェクターの特徴が出ます。 Soul Foodはやや潰れ気味の音、 Shigemori G.O.Tは響きが美しく 太い音、 Darkglass B7KとVICTOR WOOTENは リアルな原音に歪みをブレンドできる感じ(コンプ感は少なめ)、 BOSSは 調節幅もあり標準的というか これを基準にした感じです。

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

◆ Tennessean.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

ここのところ フルアコ・セミアコにハマっています。 全般的に ボディーが大きいため 持った時の 見た目のバランスが 難しいですね。 定番のGibson ES-335は 似合わない気がして 避けてきました。

Gibson, Fenderを一通りして、 次はというとGretschでしょうか。 Gretschは頭の片隅にはありましたが、 とても弾きにくそう・使いにくそうなイメージが強かったので これまでは気に留めていませんでした。

ちょうど、 近くの楽器屋さんに tennesseanが出ていたので見に行きました。 63年製、   67年製があり 弾かせてもらいました。 パッと見 ほぼ同じですが、  ビミョーに イロイロ違いがあります。

音は 見ため以上に違いがあります。 ヴィンテージは個体差も大きいですが、 他の個体との違いも考えても ある程度良い状態なら傾向は言えると思います。

63‘の方が アコースティックギター寄りで、 67’はソリッドギター寄りでした。 63‘の方がボディーの容積が少し大きいことも要因と思われます。

63‘は 響が豊かで 低い低音が出ます。 音が太く 高音はややマイルドで、 アルペジオや 単音が美しいです。 67’は それより低音がスッキリし 高音もやや強めで 軽く軽快なため、 リフを刻んだりが 気持ちいいです。 ロックには 67‘の方が 使いやすいのではないでしょうか。

ハイフレットは構造上弾きにくい(弾けない)ですが、 他の演奏性は良く、 思っていたより かなり弾きやすいです。 指板がフラット傾向のためか バーコードフォームで 3弦が 少し押さえにくい感じはあります。

自宅で 弾くにも、 適度な音の太さ・存在感があり、 満足感に浸りながら 音に酔えます。

 

◆ ST-01.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

FullertoneのBassはとても好みなので、 この楽器店で扱っているCrews Maniac Soundのギターはどうだろうと思っていました。

USA madeより 日本製なのでお手頃価格で 質が良いとの触れ込みです。 ネットで見て カラーも良さそうなので 試奏しに行きました。

P-90のLPタイプと STタイプを 試しました。

STタイプは 音にハリがあり、 PUの出力も少し高めのようでしたが 高音がうるさくありません。 ビンビン鳴る感じです。 演奏性も良いです。

塗装も とてもよく グロス・マットすぎず、 ネック部分はサラサラして 弾きやすいです。50th Anniversary modelなので 気合を入れて作ったようです。

別のハンドワウンドPU 搭載モデルは、 木材も厳選された上位グレードで、 よりヴィンテージ寄りでした。

今回は 一番ピンときた ST-01を買いました。 個人的には、 通常のFender custom shop製より 良いように感じ、 コストパフォーマンスは高いですね。

やはり カラーが 絶妙にイイ!

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR