カテゴリー別アーカイブ: ギター

◆ Pedal for Tennessean.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

Tennesseanの音は エフェクターノリが良くないため アン直が良いとの意見が多いようです。

しかし、 この素直な音を 軽く歪ませると やや甘い 魅惑的な音になるのではと思い いくつか ギター用の歪み系エフェクターを 試して見ました。 それはそれで 良いのですが 音の響きや厚みが減り 音が薄くなり、 Tennesseanのフルアコの良さがなくなってしまいます。

少し前まで ベースでBandをしており、 ベース用エフェクターをかなり買いましたが、 そのバンドでは アン直が最も良いとの結論で エフェクターは使わずじまいで しまい込んでいました。

Tennesseanの音には ベース用エフェクターの方が合うのではないかと 引っ張り出し 使ってみました。 元音を残しながら そこに歪みが加わる感じで 音が薄くならず良い感じでした。 ベース用エフェクターには ブレンドやイコライザー機能などが 付いているものが多く 調節もしやすいです。

試したのは、 electro-harmonix Bass Soul Food, VICTOR WOOTEN707 808 909, BOSS BASS DRIVER BB-X1, Shigemori G.O.T Bass Drive, Darkglass Electronics Microtubes B7Kです。

軽く歪ませた場合は 個々のエフェクターの特徴が出ます。 Soul Foodはやや潰れ気味の音、 Shigemori G.O.Tは響きが美しく 太い音、 Darkglass B7KとVICTOR WOOTENは リアルな原音に歪みをブレンドできる感じ(コンプ感は少なめ)、 BOSSは 調節幅もあり標準的というか これを基準にした感じです。

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

◆ Tennessean.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

ここのところ フルアコ・セミアコにハマっています。 全般的に ボディーが大きいため 持った時の 見た目のバランスが 難しいですね。 定番のGibson ES-335は 似合わない気がして 避けてきました。

Gibson, Fenderを一通りして、 次はというとGretschでしょうか。 Gretschは頭の片隅にはありましたが、 とても弾きにくそう・使いにくそうなイメージが強かったので これまでは気に留めていませんでした。

ちょうど、 近くの楽器屋さんに tennesseanが出ていたので見に行きました。 63年製、   67年製があり 弾かせてもらいました。 パッと見 ほぼ同じですが、  ビミョーに イロイロ違いがあります。

音は 見ため以上に違いがあります。 ヴィンテージは個体差も大きいですが、 他の個体との違いも考えても ある程度良い状態なら傾向は言えると思います。

63‘の方が アコースティックギター寄りで、 67’はソリッドギター寄りでした。 63‘の方がボディーの容積が少し大きいことも要因と思われます。

63‘は 響が豊かで 低い低音が出ます。 音が太く 高音はややマイルドで、 アルペジオや 単音が美しいです。 67’は それより低音がスッキリし 高音もやや強めで 軽く軽快なため、 リフを刻んだりが 気持ちいいです。 ロックには 67‘の方が 使いやすいのではないでしょうか。

ハイフレットは構造上弾きにくい(弾けない)ですが、 他の演奏性は良く、 思っていたより かなり弾きやすいです。 指板がフラット傾向のためか バーコードフォームで 3弦が 少し押さえにくい感じはあります。

自宅で 弾くにも、 適度な音の太さ・存在感があり、 満足感に浸りながら 音に酔えます。

 

◆ ST-01.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

FullertoneのBassはとても好みなので、 この楽器店で扱っているCrews Maniac Soundのギターはどうだろうと思っていました。

USA madeより 日本製なのでお手頃価格で 質が良いとの触れ込みです。 ネットで見て カラーも良さそうなので 試奏しに行きました。

P-90のLPタイプと STタイプを 試しました。

STタイプは 音にハリがあり、 PUの出力も少し高めのようでしたが 高音がうるさくありません。 ビンビン鳴る感じです。 演奏性も良いです。

塗装も とてもよく グロス・マットすぎず、 ネック部分はサラサラして 弾きやすいです。50th Anniversary modelなので 気合を入れて作ったようです。

別のハンドワウンドPU 搭載モデルは、 木材も厳選された上位グレードで、 よりヴィンテージ寄りでした。

今回は 一番ピンときた ST-01を買いました。 個人的には、 通常のFender custom shop製より 良いように感じ、 コストパフォーマンスは高いですね。

やはり カラーが 絶妙にイイ!

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

◆ 年明けへ.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

遅ればせながら 明けましておめでとうございます。

年末から年始へかけ 風邪をひいていました。 1泊ですが、 予定していた年始の旅行も行かず ゆっくりしていることにしました。 代わりに母に行ってもらい 多少とも喜んでもらえたようなので良かったです。

だいぶ調子は良くなってきたので 家でギターなど弾いたり 映画・ドラマ見たりしています。 休みだと 体調を崩しやすいのですが、 気が緩むことと 免疫はある程度関係しているのでしょうね。

今年も 運動を持続し、 健康には気をつけていきたいと思っています。 まだ、 乾燥・寒さは 続きますので皆さまも お気をつけください。

 

◆ Tokai Les Paul Model.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

近年ますます 良い木材の入手が難しくなっているようです。 良い木材が入手できるうちに持っておきたいと思っていました。

マホガニーの代表モデルは Les paulです。 Les paulは Gibsonですが、 Gibsonでは現在 ホンジェラスマホガニーは使用していません。 Histric系でも 指板は インディアンローズウッドと聞きました。 製品として流通させるほどの 材料が入手できないからでしょう。

Tokaiのギターで body/neckにホンジェラスマホガニーを 使用しているものがあります。 写真のギター指板は ブラジリアンローズウッド(ハカランダ)ではありませんが、 マダガスカルローズウッドです。 指板は どれが良いかは難しいところですが、 ローズウッド自体も 規制がかかってくるようで どれにしても入手しにくくなりそうです。

それらの材料を使用したTokaiのギターにも種類があり、 bodyが1ピースか 2ピースか。 メイプルトップが ラミネート(柄の美しい 厚みの薄いメイプルが一番表層に貼ってある)か、 削り出しか。

何本か試奏させてもらいました。 個体差・重量差などもありますが、 1ピース・削り出しタイプは すごく弾きやすく 音は他より深みがあり Gibson Histric系に より近い感じだと思いました。 1ピース・2ピースモデルは それ以外の違いは 表記されていませんが、 弾いた感覚では 演奏性が違いました。 微妙な処理など違いがあるのかもしれません。

Tokaiが 良い木材でギターを作製できたのは ショップオーダーの少数本のみ だからでしょう。

Tokaiといえども このモデルは高価なのと、 Les paulのコピーモデルという呪縛が付きまとうので、  初めのLes paul (model) には選びにくいですね。

このギターは パッと見、 Tokaiだし 色もナチュラルで 少し変わっているし、 パチモンに見えるかもしれません。 しかし、 いかにも高いギター持ってるゼ感を 感じさせないのも 逆にいいかもしれません。 (よく見ると いいギターオーラは隠せませんよ!!)

 

◆ VISUAL系.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

たくさんのVisual系バンドがあります。 Visual系というくらいなので Visual重視なのですが、 向き不向きがあり 向いていないとVisual的に逆効果のケースも多いですね。

写真は GrecoのSGです。 20年以上前のギターなので 特に白系は色焼けして イイ感じになっています。 Gibsonに比べると 数分の1の価格です。 Grecoの特徴なのかもしれませんが 音はクリアで前に出る感じです。 奥行きや響きは 多くありません。

経年の影響か ボディーはすごく良く鳴っています。 カッティングなどに向いていそうです。

 

◆ Shield.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

年末になり 忘年会など飲む機会も増える時期です。

アルコールは 飲み過ぎは良くないと言われていますが、 それほど悪影響のあるものと言う認識はありません。 しかし、 多い量を長年続けていると いろんな病気になるようです。 影響が出るのは 何十年もしてからにしても 人生あっという間に 過ぎてしまいます。 不自由なく生きていたいなら ほどほどにした方が良いですね。

 

取り回しが良さそうな KAMINARI GUITARSのシールドを買いました。 オレンジで レトロです。 以前買ったベースのシールドは 芯がある音で気に入っていました。 これはギター用ですが、 ノイズが出やすいピックアップでは ノイズが乗りやすいようです。

 

◆ SEYMOUR DUNKAN PICK UP.

OLYMPUS E-P5, M.ZUIKO ED 60mm f2.8 Macro

OLYMPUS E-P5, M.ZUIKO ED 60mm f2.8 Macro

ピックアップを 自分で交換してみました。(写真は交換前ですが・・・)

まずは、 道具を揃えなくてはいけません。 ハンダ・ハンダゴテ・ハンダ置き・などです。 ハンダは ピックアップを購入した楽器屋さんで おまけで頂きました。

ピックアップは SH-1n (neck), TB59 (bridge)に交換しました。

楽器屋さんで 配線や方法など教えてもらったり 説明書をみたりしたのですが、 通常のレスポールと違い 1volume・1toneなので 配線が違い はじめ戸惑いました。

配線を理解しながら繋ぐには 時間がないため、 同じ場所につなぎ変える事にしました。 それで 音は出ましたが、 ブリッジ・ピックアップに 少しノイズで乗ります。 弦に触れると 小さくなるので 使えますが、 アースが うまくいっていないようです。

これ以上は わからないので、 楽器屋さんで相談してみようと思っています。

 

◆ Epiphone SG’’.

OLYMPUS E-P5, M.ZUIKO ED 60mm f2.8 Macro

OLYMPUS E-P5, M.ZUIKO ED 60mm f2.8 Macro

はじめに弾いた時は、 ボディーから弦の振動が伝わってこず 鳴らないギターだな という印象でした。 音は マイルドで それはそれで悪くはないのですが、 言ってしまえば 高音が出ず・抜けない・こもったような音で 弾いていて少しストレスがたまりそうでした。

数時間弾いていると 馴染んできたのか、 ボディーが振動しだし 予想以上に鳴るようになってきました。 また、 ERNIEBALLの弦にすることで 高音も出てきました。

しかし、 Gibson SGと比べると もう少し抜けて欲しい感じでした。 ボディーは鳴っており 生音も出ているので、 ピックアップを交換すると良いのではないかと思いますが、 交換するとギターの価格より ピックアップの方が だいぶ高なってしまいます。

ピックアップ交換は いつも頼んで取り付けてもらっていますが、 練習も兼ねて 自分で交換してみようかとも考えています。

 

◆ Epiphone SG’.

OLYMPUS E-P5, M.ZUIKO ED 60mm f2.8 Macro

OLYMPUS E-P5, M.ZUIKO ED 60mm f2.8 Macro

最近 SGにハマっています。 某雑誌でもSG特集を組んでいましたね。

SGは サバスやAC/DCなど ROCKなイメージが強いのですが、 見た目普通・のベテランギタリストが ロックでない曲を SGで弾いていて カッコイイと思ったのが きっかけでした。

Gibson SGが本家ですが、 EpiphoneにもSGがあります。 それも セールで14000円ほどで出ていました。 以前Epiphoneのアコギを買いましたが 質や演奏性も 十分使えるものだったので、 買ってみました。

作りは雑なところはなく 塗装はポリでやや厚めなこともあり 逆に光沢がありキレイに見えます。

ネックは、ストレートでした。 アールの関係か 太めの弦だと ハイポジのコードで 3弦が押さえにくい感じがあります。 (ビンテージのmustangと同じようです。)

通販で購入したので、 一度も取り出されず 箱に梱包されてきました。 当然 楽器店で調整もされていないため 弦高が低く ビビりまくっていました。 このギターは 初めてギターを買う人が メインターゲットなので、 調整など自分ではできないですし、 その状態が良いのか悪いのかも 判断できないため、 そのまま弾いていることが 多いかもしれません。

また、 梱包されていたのはギターだけではなく、 別の箱に ストラップ・予備弦・クロス・クリーナー・ペグ回し そしてチューナーまで入っていました。

こんなにリーズナブルな価格なのに 初めてギターを弾く人が困らないようになっているのですね。 Gibson/Epiphoneの方の 努力や思いが詰まっているような気がして、 なんか感動してしまいました。