◆ 仕事、時計.

SONY α6500, SONY 30mm F3.5 MACRO

近年の時計は 39mm以上のサイズが多く、 20年以上前に比べると大きめになっています。 プライベートで着けるには ちょうどいいですが、 大きいとカジュアルなイメージになりやすいです。

以前購入したSEIKO PRESAGEも実際使ってみると 少し大きく感じます。 価格に対しては 質がとても良いのですが、 もう少し高級感が欲しいところです。

時計は 人と成りをあらわすところがあります。 靴にも似たようなところがありますが、 それは スミズミまで注意が行き届いているとか 全体の雰囲気とマッチしたモノを選んでいるかとか そういうところに起因しているのだと思います。

僕の場合 仕事時計の条件は、 清潔感があり ひかえめな上品さ・上質感があることです。

サイズが37mm位で探すと、 低価格帯か ある程度の高価格帯に分かれていますね。 上質感は ある程度高価なモノ、清潔感はホワイト系ダイアル、ひかえめな上品さは ロレックスのデイジャストなども サイズ・質は良いのですが ロレックスというブランドの押しが強いため、 CITIZENやSEIKOのシンプルなモノ と成りました。

デザインで SEIKO SBGX263にしました。 クオーツですが 仕事用には向いています。 シャンパンゴールドダイアルにメタルブレスのGSスプリングドライブも使用しているので、 バンドは革に変更しました。 色はチョコなので 時計だけ見るとかなり地味ですが、 実際つけるとしっくりきます。

ひかえめで上品・上質がいいと思うのですが、 服も 靴も 着けるものも 全部そうだと それこそ 素っ気なく ジジくさい感じになるので、 バランスも大切ですね。

SONY α6500, SONY 30mm F3.5 MACRO

◆ GMT master.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

ROLEXをイヤミなく着けられ、 気に入ったデザインがないものかと思っていました。 それで 目に留まったのが このGMTマスターです。

GMTマスターは 多くのモデル・バリエーションがあります。 いくつか 見て比べた結果、 ブラウンのマットダイアル・フジツボインデックス、 ベゼルはブラウン・ゴールドにしました。 ベルトは かなりヨレた5連ジュビリーコンビブレスが付いていましたが、 このまま着けるのは抵抗があるので 交換しました。

刑事コロンボの犯人がつけていそうな時計です。 ベゼルのゴールド部分と フジツボインデックスが 思った以上にキラキラします。 ダイアルが 光沢だとギラギラしそうです。

それと 製造年が、 僕が生まれた年と同じなので なんとなく親近感を覚えます。

GMTマスターは 少し前まで人気がなかったのですが、 近年盛り返しています。 すでに 買い時は過ぎているかもしれませんが、 今後の動向を楽しみます。

 

◆ SEIKO PRESAGE.

SONY α6500, SONY 30mm F3.5 MACRO

仕事にも使える時計も欲しいと思い 探してみました。 高級時計ばかり買うわけにはいかないので、 今回は わりと入手しやすい価格で検討しました。

条件としては、 清潔感があり・いかにも高そうではないけど 質は良さそうなモノです。 ネットで見ていても 良さそうだと思うモノは大体高価で なかなか難しいです。

価格的に まず絞ったメーカーは、 HAMILTON, TISSOT, LONGINES, ORIS, SEIKOです。 第一候補は、 ハミルトン ジャズマスター オートマティックで それ目的にお店に見に行きました。 しかし、 実際見ると デカイ。 なので 他のモデルにすることにしました。 お店にある中では SEIKOか ORIENTなどが良さそうでした。

お店で検討した結果、 SEIKO PRESAGE SARY079にしました。 価格はポイント分も引くと ギリギリ3万円台でした。 この時計 この価格にしては 驚異的なコストパフォーマンスです。 通常、 この価格帯だとどこかチープな部分が必ずあるのですが、 それがありません。

機械式で、 裏スケルトン、 パワーリザーブ・日にち付きで、 元々は三つ折りのメタルブレスです。 秒針などは グリーンに色付けされています。 シャンパン色のダイアルに グリーンの針は カクテルのマティーニを イメージしたモノらしいです。

SEIKOは規模が大きく 効率的な生産ができるのと、 ムーブメントが ベーシックなモデルに抑えられているので この価格で できたのだと思います。 外装・部品は かなり良いです。

この価格で販売されていると オーバーホール料金はどうなのか気になりますが、 分解するのではなく ムーブメントごと交換するのかもしれません。

しかし、 時計は ネットで情報を含め見るのと、 実際に見たのでは サイズ・質など全然違いますね。

 

◆ D-buckle.

SONY α6500, SONY 30mm F3.5 MACRO

時計の楽しみに、 ベルトの交換があります。

ベルトは 豊富に売られていますし、 交換で印象がガラリと変えられます。 革ベルトの場合、 D-バックルに交換することが多いです。 ベルトのいたみを軽減もできますし、 脱着が簡単なのと 金属のメカメカしさが カッコいいのです。

バネ棒外しを1本持っていれば 交換は簡単です。

SONY α6500, SONY 30mm F3.5 MACRO

◆ My時計ブーム’’’.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

色々検討した結果、 サブマリーナにしました。 すべてオリジナルだと思いますが 50年前のモノにしては とてもキレイです。

ベルトは メタルから 革に変えました。 ベルトは使用すると どうしても傷がつくのと 革ベルトの方が何と無くオシャレなので。

現在のモデルと比較すると 小さめで、 プラ風防なので、 一見おもちゃの時計に見えなくもないですね。

ROLEXの世界は 他の高級時計と 魅力のポイントが違います。 美しいギョーシェ彫りや 複雑なムーブメントを楽しむのではなく、 アンティークのブリキのおもちゃにあるような魅力です。

アンティークROLEXの場合、 時計より それ自体の価値に 主をおいて購入される方も多いと思います。 その価値を保つためには、 なるべくオリジナルを保ち 履歴をハッキリさせておくことが必要です。

機械式時計は オーバーホールやメンテナンスが必要なため、 それをしっかりでき・倒産の可能性の低いお店で購入するのが望ましいでしょう。 そこでメンテナンスしていれば 履歴をも明らかですし、 購入したお店で売却すれば 条件的には良いと思います。

ROLEXでは 並行輸入など正規品でなくても ある年代以降のモデルなら 料金の差別なくオーバーホールしてもらえるのですが、 注意が必要です。

もし 社外品の部品で修理されていた場合、 模造品と見なされ没収される可能性や、 オーバーホールの際 オリジナル部品が新品にドシドシ交換され アンティークの価値が著しく下がる可能性があります。

正規のお店でメンテナンスするのが良いと思いがちですが、 アンティークの場合 そうとも言えないため よく検討する必要があります。

 

◆ My時計ブーム”.

PENTAX KP, CARL ZIESS JENA DDR FLEKTOGON auto 2.4/35 MC

ROLEXの時計は 持っていなかったのに、 なぜ最近興味が出てきたのか。 一番は 商品価値が 下がりにくい または 上がる可能性がある、 からです。

物欲を満たし ストレスを発散するというのは、 いい発散法とは言えませんが、 どうせ買うなら 損がないものと思うのです。

ROLEXは 現在かなり高騰してしまっているので、 ここで購入して得かは疑問ですが、 どうなるか ギャンブル的要素を楽しむこともできます。

長期で見ると 生産終了している60-70年代のモデルが いいのではないかと思っています。

雑誌やネットでは ROLEXは投資の対象などと煽っていますので、 今は 時計バブルな感じもしますが。

 

こんな考えも 時計を買う 正当な理由 いや、 言い訳にしているだけな気がしてきました。

 

◆ My時計ブーム.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

ちょっとしたキッカケで My時計ブーム中です。 10年ほど前より 高級時計の価格が上がり 興味を失っていました。 今回、 色々調べて見るとROLEXなどは10年前に比べると 信じられないほど値上がりしています。 その上 新品でさえ品不足で 正規販売店以外では 販売価格が 国内定価より数十万円高となっています。 正規販売店で 買えればいいのですが、 今はなかなか難しいようです。

10年前に買っていればと 誰もが思うでしょうけれど、 当時はROLEXには興味ゼロでした。 メジャーすぎるのと オシャレ感を感じなかったためです。 唯一、 ヴィンテージのデイトナは いいなと思いましたが これは当時でさえかなり高価でしたので、 買えませんでした。 ROLEXは 検討中です。

気軽に買った時計は 使用する機会が少ないことが多いのですが、 SEIKO PROSPEX DIVER SCUBAを買いました。 本格的なスキューバー時計を 日常でも使いやすいようにしたモデルです。 実際ある程度のスキューバーには使用できるみたいです。

日本製の時計は 変にキラキラして 安っぽいのですが、 これはそれがなく バンドもメタルのブラックで シックな感じでオシャレに使えます。(ラバーバンドモデルもあります。)

 

◆ Present.

PENTAX KP, CARL ZIESS JENA DDR FLEKTOGON auto 2.4/35 MC

クリスマスですね。 以前ほどの 盛り上がりはないようですが、 お店は買い物客でいっぱいです。

クリスマスだからと 特別なことをするつもりはありませんでしたが、 プレセントするために 候補として時計などを見ていたのですが、 ダンダン自分が欲しくなってきました。

何年もいい時計は買っていないし、 最近忙しく ガンバったし、 クリスマスだし、 などと理由をつけ 気がつくと自分の時計を買いに行っていたのです。

ある程度 目星はつけて行ったのですが、 ネットで見たのと 実際に見るのとではかなり違います。

迷っていると カウンターの向こうの小ウインドウの中に、 売り切れとでていた 限定モノらしき時計がありました。 尋ねて見ると、 ネットには出していないが 臨時で入荷した限定の時計でした。 中古では 定価よりも大分高く売っているところもあるとのことでした。

迷っていた別の時計は レギュラーモデルでいつでも手に入るし、 ここは巡り合わせだと思い 限定モノの時計にしました。 また、 リセールバリューが高いと 散財の罪悪感も少しは軽くなりますから。

この時計は 初代のSeamaster 300Mを復刻したモノです。 外観はかなり正確に復刻してありますが、 ムーブメントは最新です。 また風防は プラからサファイヤガラスになっていますが、 風防の中心に刻印してある オメガマークは健在です。(写真にも よく見ると写ってます。)  派手さはない時計ですが、 じわじわ良さを感じてきます。

 

◆ Sonnar 35mm.

SONY α6500, SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA

SIGMA 30mmより AFがわずかですが速いSONYのレンズで良いのがないか 探していました。 どうせならと フルサイズでも使える Sonnar 35mm F2.8にしました。

質感も 高級感があり、 マット感がα6500にマッチします。

カメラに興味を持ち、 はじめに買ったのが 中古のCONTAXでした。 コンパクトカメラから 一眼レフまで いくつか使いました。 CONTAXにしたのは レンズが ZEISSだったからです。 当時は ほかの日本メーカーのカメラでは ZEISSは使えませんでした。

写りは コッテリ濃厚で オシャレに またアートっぽく 写る感じがしました。 それに レンズの赤いTスターが カッコよかったのです。

いまでもleicaより ZEISSのレンズを持つと 気持ちがあがります。

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

 

◆ あんこう鍋.

SONY α6500, SONY 30mm F3.5 MACRO

α6500に SONY 30mm F3.5 MACROをつけて、 あんこう鍋を目的に 水戸に行ってきました。

このレンズは、 発色よく 線が太めで はっきり・くっきり写ります。 MACROなので接写もできます。 遠景の印象とは違い トロけるようなボケです。 撮って出しでも ネットやSNS栄えする絵ですね。

SONY α6500, SONY 30mm F3.5 MACRO

一方、 あんこう鍋ですが あんこう自体には 味があまりないので ある程度煮込んでから食べるのが 美味しいです。

そのほか 軍鶏や 納豆のかき揚げも頼みました。 どれも 癖のある食材なので 好き嫌いはありそうです。 旬のものですから 1年に1度は 食べてもいいかな という感じでした。

SONY α6500, SONY 30mm F3.5 MACRO

SONY α6500, SONY 30mm F3.5 MACRO