カテゴリー別アーカイブ: flower

◆ 移行.

NIKON D810, Makro-Planar 100mm f2 ZF.2

NIKON D810, Makro-Planar 100mm f2 ZF.2

パソコンを変えるのは 大変ですね。

いろんな設定や ファイルやアプリケーションの入れなおし。 入れたとしても 同じように動いたり 作動するとは限らず、 また これに時間がかなりかかります。

本当に 数日の作業です。 やはり 新しいモノの方が 良いので後戻りはで来なくなります。 しかし、 性能を大分上げたのですが それほど速くなった感じがないです。

MacBook Proで 音楽を聴きながら書いているのですが、 ヘッドフォン直挿しですが、 Airより 音はかなりいいです。 USB DACなどつなげていたのですが、 いらないくらいです。

落ち着くには まだまだ 掛かりそうです。

 

◆ オオカミの皮をかぶった 羊か.

NIKON D810, Makro-Planar 100mm f2 ZF.2

NIKON D810, Makro-Planar 100mm f2 ZF.2

Leica や Hasselのデジタルでは、 明らかに日本製デジカメを元につくられた製品があります。 マウントや使用は 多少違う部分はありますが、 本体やレンズを含めると 価格が数倍になっています。

とくにミラーレスでは、 マウントアダプターで違うメーカーのレンズが 多数使用できるので、 こういった製品には なかなか手が出ませんね。

 

◆ colorful.

NIKON D810, Makro-Planar 100mm f2 ZF.2

NIKON D810, Makro-Planar 100mm f2 ZF.2

東京などでは、 毎日のように新しい写真展が行われています。 ぼくも写真が好きなので、 写真展を見いったりします。

でも、 あまり満足感を得る事ができません。 他に刺激のあるものが多すぎるのか、 写真の見方ができてないのか。

形式からして、 美術館と無意識に比べてしまっているのかもしれません。 そうすると、 建物や額・照明 そして作品自体・量の違いがあるのは 当然です。

こんなこと書いてるうちに、 一番の要因は 展示数のように思えてきました。

 

◆ clear.

NIKON D810, Makro-Planar 100mm f2 ZF.2

NIKON D810, Makro-Planar 100mm f2 ZF.2

最近のEVFは、 解像度も高くなり とても見やすくなっています。 色やボケ具合・ピントなどが 反映されるので(設定にもよりますが)確認できるのも いいです。

ただ、 天気の良い日に 屋外の撮影では、 メガネをしていることもあり EVFでは 見にくいです。

そんなシチュエーションで、 背面モニターのみのカメラなどは ヤマ勘で撮っている感じです。

そこがクリアーされないと OVFはなくならないでしょうね。 OVFは クリアーで 撮っていて気持ちいいです。

 

◆ output.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

写真は 撮るだけではなく、 アウトプットすることで より楽しみも増しますね。 さらに 反応がわかると よりよいと思います。

おなじ写真でも プリントするのか、 webやSNSでアップするのか、 アウトプットにより 仕上げを変えた方が 魅力的になります。

写真も 見せ方や 演出も大切ですね。

 

◆ コンパクトなもの.

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

SONY α7RⅡ, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

ひさしぶりに 写真を撮りにいきました。 屋外で撮るのは けっこう歩くので運動にもなっていいですね。 雨の影響で 川の水量がいつもより多いので 恐い感じでした。

Macro-switar 1.8/50は、 コンパクトで マクロが撮れて 写りが好みなので よく使っています。 同じようなスペックのレンズは ほかに知りません。 大きいレンズならあるのですが、 コンバクトでというのがありません。

Macro-switaraのような 品質の優れたレンズは、 現代の工業製品としては製造不可能のようなので、 かなりコストをかけないと できないスペックなのでしょうか。

ミラーレスなど コンパクトなカメラが多くなってきたので、 レンズも小さいのがいいです。

 

◆ 生命感.

SONY α7R, KERN-MACRO-SWITAR 1.8/50 AR

Leica M Monochrom, APO-SUMMICRON 50mm

自然の中で 生命が細胞分裂を加速させる時期になってきました。

春は花、 夏に向かっては 生命を撮るのが旬ですね。

モノクロは 生命感が減退します。 人は血の気がなくなり、 花はドライフラワーのようになります。

◆ 潤った自然.

Leica M Monochrom, ELMAR 65mm f3.5, Visoflex Ⅲ

Leica M Monochrom, ELMAR 65mm f3.5, Visoflex Ⅲ

日光に行きました。 曇りで時々薄く日が射すお天気でした。 朝方まで雨が降っていたようで、 地面や葉は 水分で潤っており 森林のシャワーが気持ちよかったです。

レンジファインダーで マクロを撮れるのは新鮮ですが、 上手く撮れませんでした。 自然を撮るのは ほとんどカラーで撮っていたのと、 使い慣れない焦点距離・絞りのマクロのせいでしょうか。 まずは 使い込むことが必要ですね。

Visoflexに ハンドグリップをつけると、 シャッターパターンを変更するノブに指があたります。 革グローブをしていたので それほどではありませんでしたが、 素手だとキズになりそうです。

帰りは 気温もちょうどよく 空気はしっとり気持ちよかったので、 車の窓をあけて 高速は使わず帰りました。 そうすると場所によって 木のにおいや お菓子を焼くにおい 薪をもやすにおいなどしてきて いろいろな記憶も呼び起こされたりして 心地よかったです。

◆ 芝生に百葉箱.

M Monochrom, Tele-Elmarit 90mm f2.8 (Fat)

M Monochrom, Tele-Elmarit 90mm f2.8 (Fat)

百葉箱を見ると、 白い麻の服や日傘・別荘などが連想されます。 外見からくるものだと思いますが、 どうなのでしょうか。

 

Tele-Elmarit 90mm (Fat)に 純正の保護フィルターをつけたのですが、 レンズが凸状で前方にあるため、 フィルターをねじ込んでいくと 中心部分が接触してしまいます。 写りにはあまり影響ないのかもしれませんが、 キズがつきそうで 最後までねじ込まず テープで固定しました。 ビミョーに当たるため 初めは気づきませんでした。